ディズニーだけじゃない! 香港で触れられるスヌーピーの世界

写真拡大

香港のテーマパークと言えば「ディズニーランド」、と答える人も多いかもしれない。しかし、あまり知られていない癒やしのテーマパークが香港にある。それは、「スヌーピーワールド」だ。どうやら大のスヌーピーファンに聞いても、「えっ、香港にあるの!?」と知らない様子で知られざるスポットらしい。

同施設はスヌーピー誕生50周年を記念し、2000年にオープン。場所は沙田駅に直結したショッピングモール「新城市廣場」の屋外3階の広場スペースにある。ここには、原作『ピーナッツ』に登場する人気キャラクターのオブジェが勢ぞろいしている。

入り口の屋根には寝そべった巨大なスヌーピーとメインキャラクターがいて、来場客を出迎えてくれる。スクールバスの中に入れたり、学校やキャラクターたちの部屋を再現したオブジェの前で自由に記念撮影ができる。また、キャラクターたちがデザインされた遊具で遊べる子供向けのプレイグラウンドも。面積約3,500スクエアフィートのエリア内では、スヌーピーの世界がギュッと凝縮して展開されているのだ。

うれしいことに、10時から20時まで誰でも無料で入ることができる。ここで記念撮影するのもよし、のんびりベンチに座って休むもよし。パークは高層マンションに囲まれており、さながら新興住宅街の中にあるオアシスのよう。スヌーピーファンならずとも、街歩きの小休止にちょっと立ち寄ってみるといいだろう。思わぬ癒やしとなること請け合いだ。