北海道・函館など全国4都市で、第3回「新選組検定」が開催決定

写真拡大

日本出版販売とヒューマンタッチは6月16日、第3回「新選組検定」を開催する。同検定は、過去2回の開催で累計3,000名を超える受験者を集めた、新選組についての知識を試す検定。第3回となる今回は、函館、会津若松、東京、京都の4都市にての開催となる。

検定実施級は、入門者向けの4級(隊士)、初級者向けの3級(組長)、中級者向けの2級(副長)、上級者向けの1級(局長)の4クラスを設定。合格者には特製の合格認定証を付与し、さらに合格者限定の有料特典として合格認定カードと合格認定名刺、オリジナルグッズを販売する(詳細は決まり次第公式サイトで発表)。

また受験者全員特典として、函館から土方歳三の遺影を日野に持ち帰ったといわれる市村鉄之助をモチーフにしたマスコット人形がプレゼントされる。検定料金は、4級が3,800円、3級が4,700円、2級が5,400円、1級が7,800円。併願も可能で、4級・3級併願は7,800円、4級・2級併願が8,400円、3級・2級併願は9,800円、3級・1級併願は11,200円、2級・1級併願は11,900円、4級・3級・2級併願は11,900円、3級・2級・1級併願は15,300円となる。

申込締切は5月16日。日本出版販売が運営するWebサイト「検定、受け付けてます」上の「新選組検定専用申込ページ」、または全国の主要書店店頭や新選組ゆかりの地に設置される検定専用の願書(郵便払込票)より申請する。