ウィル・スミス写真:Press Association/アフロ

写真拡大

米ワーナー・ブラザースの新作コメディ「フォーカス(Focus)」から降板したベン・アフレックの代わりに、ウィル・スミスが主演を検討していることがわかった。

「ラブ・アゲイン」のグレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督・脚本による作品で、ベテラン詐欺師が経験の浅い女性詐欺師にテクニックを教え込むが、2人が恋に落ちたことから思うように事が進まなくなるというストーリーだ。

ベン・アフレックとクリステン・スチュワート主演で映画化が予定されていたが、昨年12月にアフレックがスケジュールの都合で離脱し、ウィリスが代役として話し合いを進めているそうだ。米バラエティ紙によれば、スチュワートはウィリスと年齢が離れすぎていることを考慮し、すでに降板を決めたという。

ワーナーは本作のほかにも、DCコミックスを映画化する新作「Lobo」など複数の企画についてウィリスに主演をオファーしている。

■関連記事
ベン・アフレック、クリステン・スチュワートと共演の新作コメディから降板
クリステン・スチュワート「スノーホワイト」続編にカムバック決定
米フォーブス誌「最も稼いだスクリーンカップル・トップ10」
ウィル・スミス「ジャンゴ 繋がれざる者」降板の理由とは?
ウィル・スミスと息子ジェイデン、7年ぶり親子共演作PRのため5月来日