″スーパーポジティブシンキング″が成功への近道!?  「サムスン」で勤めた日本人に聞く韓国流仕事術

写真拡大

不振の日本企業を尻目に、近年で急成長を遂げたサムスンを始めとする韓国企業。開発力もブランド力も、日本企業は負けていないはずなのに、その強みはいったいどこにあるのか……そんな疑問を持っている人も少なくないのでは?

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

そんななかで、今年3月に刊行されたのが『サムスンで働いてわかった 韓国エリートの仕事術』(中経出版)。著者は、2000年から韓国のサムスンで約13年間勤務し、現在も韓国を拠点に、日韓企業の協業支援を行うTAKAOの代表理事社長として活躍する水田尊久さん。その経験から分析した“韓国エリート”の発想や仕事術のポイントをチェックしてみよう。

■トップダウンで大改革を起こすのが“サムスン流”!

日本と韓国の大きな違いとして、水田さんは「リーダーシップのあり方」を挙げる。サムスンには絶対的なリーダーがいて、新規事業への参入など大きな改革が決まれば、強力なリーダーシップのもと一気呵成に進めていくのだとか。

水田さんは、サムスンでのある経験から、このことを強烈に感じたという。重大な投資の決定を迫られた場面。突然、必要に迫られた案件で、投資の判断を行えるだけの技術的な裏付けが十分でなく、技術者の説明もしどろもどろに……。しかし、事業部長は「それでは、これでいきましょう」と毅然として結論を出したのだそう。

投資額が大きく、失敗すれば責任を問われることが間違いない場面で、「それでもいま決めなければ、この案件は一歩も先に進まない。何もせずに結果が出せない状況に甘んじるより、失敗のリスクを取っても結論を出し、前進させなければ」と考える。水田さんは「日本人の感覚からすると、論拠がないまま結論を出すのは乱暴だと感じるかもしれません」としつつ、「リーダーたるもの、事業を強力に推進していくうえで、時にはこうした決断を下すことが必要になる場面もある」と分析している。

世の中が大きく変化し、大胆な方向転換も求められる時代。日本では合議で責任を分散させながらものごとを決定することが多いなかで、サムスン式の「とにかく決める」というリーダーシップのあり方にも、学ぶべき点がありそうだ。

■非現実的なほどタイトで、高い目標計画を立てる

韓国では、「計画」や「目標」の持つ意味が日本とは異なる。水田さんはサムスンで、「どう考えてもこの通りに進められるはずがない」という目標=ストレッチゴールを定められるのが常だったという。

ストレッチゴールとは、現状の技術だけでは解決できない課題に対し、新たな技術を導入することを前提とした目標設定の方法。韓国エリートには、「開発途上で何か新しい技術が生まれるだろう」という、“スーパーポジティブシンキング”ともいうべき考え方があるのかもしれない。

日本人の感覚からすると、少し無責任にも感じてしまうが、少なくとも韓国では「できると思ったらやってみて、違ったらそのときに直せばいい」と考えられていて、日本人の「できると思ってやってみたからには、できないのは許されない」という考えとはギャップがある様子。日本企業の目標設定は、サムスンから見れば「やる気なし」に見えているという。

自己をアピールし、早く結論を出し、開発スピードを上げて、世界シェアトップを獲得する――それが、サムスンを始めとする韓国エリートの考え方のようだ。

■日本から失われたハングリー精神が、サムスン急成長のポイント!?

水田さんは、「韓国エリートの最大の目標は“出世すること”といっても過言ではない」という。「出世がすべて」のサムスン社員は、同期の社員との競争に敗れて出世レースから脱落すると、その多くが会社を辞めてしまうのだとか。

これは技術者も同様で、韓国では日本にあるような「人生の目標は仕事とは別にある」「研究開発の現場で自分の技術力を高め続けたい」という価値観は見られず、「出世できないくらいなら、別の会社に転職して高いポジションを目指したほうがいい」という考え方が一般的だという。
どちらがいいとは言いがたいものの、ビジネスシーンでの“競争”という観点からすると、ハングリーさ=結果を求める貪欲さは、日本より韓国に分があるのかも?

■韓国エリートは英語に習熟し、コミュニケーションに積極的

サムスンでは、外国語の習得が出世するためのポイントとなっており、エンジニアも出世するには外国語を学ぶことが必要。流暢でなくても、意思疎通が可能な程度には英語を操れるのが普通だったそう。

水田さんは、「アメリカへ学会発表に行った際、韓国人のメンバーたちはブロークンな英語でもものおじせず、どんどん周囲と会話をしていました」と振り返る。


日本人には「完璧な英語でなければ恥ずかしい」と感じてしまう人が多そうだが、韓国エリートには、多少英語に自信がなくても、堂々と積極的にコミュニケーションを取ろうというバイタリティがあるようだ。

こうしたメンタリティには、「韓国という国が置かれている状況が大きく影響しているのではないか」と水田さん。韓国は人口が約5000万人と国内市場が小さく、内需に限界があるため、経済は輸出に依存せざるを得ない状況。そのため、韓国全体として「積極的に海外に出て行かなければ生き残れない」という意識が共有されているようで、韓国企業が海外で飛躍した要因のひとつは、ここにあるのかもしれない。

「日本企業というお手本があり、その後を追うことができたからこそ、サムスンのリーダーたちは正しい意思決定を重ねてくることができたのではないか」とは、水田さんの言葉。今度は日本人が、近年で急伸してきた韓国流の仕事術を知り、見習うべき点は見習って、切磋琢磨することができればよさそうだ。

『サムスンで働いてわかった 韓国エリートの仕事術』では、今回紹介したポイントの他にも「身内でも敬語を使うのは当たり前」「議論が得意でミーティングが大好きだが、知識偏重」「一番大事なクライアントは『上司』。イエスマンは当たり前」など、韓国企業の知られざる文化が網羅されている。日本とは違う仕事術を知りたい人や、おとなり韓国の実情に興味がある人は、チェックしてみては?

こちらのレポートもどうぞ!
誰でもできる! どんな時でもスムーズに"集中モード"に入れる2つのコツ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12287 ]
"脳"の意外な機能でわかった! 「校正ミス」を飛躍的に減らすコツ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12272 ]
「ランチ」が出世を決める! "愛され部下"になる「ビジネスランチ術」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11546 ]
ちょっとムダな行動で超損してた!20代までに今すぐ捨てるべき4つの「なんとなく」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10093 ]
『さおだけ屋〜』山田真哉が厳選、20-30代ビジネスマンが絶対読むべき本7 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9734 ]