canが失礼になるなんて!?

写真拡大

英語圏から来たお客様を日本料理の店にご案内しました。お刺身あたりからスタートするのが無難かなあ。でも、食べられるかどうか確認しておかないと。

あなたが、“Can you eat 'sashimi'?”と尋ねると、相手は苦笑いしつつ、“Yes. I've got a mouth.” えっ? どうして? “Yes, I can.” じゃないの???

実はこれ、「刺身を食べる能力の有無」を尋ねているんですね。基本的にcan は「相手の能力」を聞く場合に使います。can=できる、と単純に置き換えないで、ネイティブには、“Do you eat 'sashimi'?”と尋ねてくださいね。