小児難病 成人後も5万人治療継続

ざっくり言うと

  • 難病などの子どもに対して、20歳になるまで医療費を助成
  • 成人後も治療を続けている人は最大で5万人近くいるとみられる
  • 6割が医療費助成を受けておらず、重い自己負担を強いられているケースも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング