リブート版「ファンタスティック・フォー」が6月にバンクーバーでクランクインPhoto:Everett Collection/アフロ

写真拡大

米20世紀フォックスによるリブート版「ファンタスティック・フォー」が、6月17日にカナダ・バンクーバーでクランクインすると、米プロダクション・ウィークリーが報じた。

マーベルコミックの原作をもとに、4人のスーパーヒーローチームの活躍を描いた映画版は、過去に「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」(2005)、「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」(07)の2作が製作されており、ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エバンス、マイケル・チクリスが主演した。

リブート版は、長編デビュー作「クロニクル(原題)」が大ヒットした新鋭ジョシュ・トランクが監督。マシュー・ボーンがプロデュース、セス・グレアム=スミスが脚本を手がける。キャストについてはまだ発表されていない。2015年3月6日全米公開の予定。

また、同じくマーベルの注目作「アベンジャーズ2」は14年2月にクランクインすると、ジョス・ウェドン監督が先日、米エンターテインメント・トゥナイトのインタビューに答えている。

■関連記事
リブート版「ファンタスティック・フォー」に脚本家セス・グレアム=スミス
マシュー・ボーン、リブート版「ファンタスティック・フォー」をプロデュース
マーベル新作ヒーロー映画、クリス・プラットを主演に抜てき
「アメイジング・スパイダーマン2」“コミックに近い”新スーツがお披露目
「ウルヴァリン:SAMURAI」9月13日初日決定 日本で戦うウルヴァリンの姿も公開