怪物ルーキー、松山!プロデビュー戦は10位タイでフィニッシュ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 最終日◇21日◇東建多度CC名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 三重県にある東建多度CC名古屋を舞台に開催された「東建ホームメイトカップ」の最終日。今大会がプロデビュー戦となった松山英樹は2度の3連続を含む7バーディ・2ボギーの66をマーク。強風が吹き荒れるタフなコンディションの中、スコアをトータル2アンダーまで伸ばし10位タイで4日間の競技を終えた。
松山英樹のプロデビュー戦を1打速報で振り返る!
 トップ10を目指して“裏街道”となる10番からスタートした松山は、いきなり3パットのボギーを叩いてしまう。しかし11番をパーとして迎えた12番、3日目に2つのOBを叩きトリプルボギーを叩いた因縁のホールでバーディを奪った。続く13番パー3では同組のパク・ジュヒョクがホールインワンを記録する中、下り10メートルをねじ込みバーディ。さらに14番でもピン右1.5メートルにつけるスーパーショットで3連続バーディとした。
 「最初のボギーはどうしようと思いましたけど、途中でバーディがきて上手く流れをつかむことができました」と語るように、松山は16番から再び3連続バーディを奪い前半だけで5つスコアを伸ばして折り返す。後半に入ってからは次第に強さを増す風の中、3番パー3で3パットのボギーとスコアを1つ落として迎えた最終9番。ドライバーで打ったティショットは右に飛び出し、カート道路にはねて8番ホールのティグラウンド付近に止まった。そこからはピン奥3メートルにつけた松山はそれをねじ込みバーディフィニッシュ。大勢のギャラリーの歓声を浴びながらプロデビュー戦の4日間を終えた。
 40位タイまで順位を落として最終日のプレーに入った松山だが、その注目度の高さは変わらず多くのギャラリーを引き連れての最終日となった。「たくさんのギャラリーの方がいる中でプレーするのは楽しかったですね」とプロデビュー戦の感想を話した松山。「変なショットばかりで恥ずかしいですけどね。もっとプロみたいなショットを打ちたいです」と“プロ意識”も芽生えてきた。
 「ショットの内容がよろしくないですけど、今日のスコアには満足しています」プロデビュー戦となったこの4日間はティショットが安定しないなど苦しい時も多かったが、最終日にしっかりとビッグスコアを記録するのは流石の一言。「これからも初めてのコースが続きますけど、コースよりもまず自分だと思うのでしっかり練習したいです」プロデビュー戦での勝利とはいかなかったが、デビュー戦での10位タイは上々のスタート。プロとしてのキャリアをスタートさせた松山が今季どのような活躍を見せてくれるのか非常に楽しみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
松山英樹のプロフィール
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」