スタンプと記念撮影で一石二鳥!

写真拡大

ティーウェイブ(横浜市)と秦野市観光協会(神奈川県)は2013年4月20日、スマートフォン向けアプリ「丹沢スタンプ」の配信を始める。神奈川県の丹沢山地で行われる「Let's Go! 丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー」で、スマートフォンの画面をスタンプの「台紙」代わりに使えるアプリだ。

スタンプそろえると記念品

同ラリーは12年度から行われている。2回目の今年度は、一般的な「紙でのスタンプラリー」に加え、スマートフォンを用いたものも行われる。

チェックポイント(全6か所)でアプリを使って記念撮影をすると、写真にスタンプの印影、チェックポイントの地名・現在日時が加えられる。チェックポイントの到着判定はGPSの位置情報で行われ、スタンプをすべて集めると、登頂した季節に合わせた「四季のピンバッチ」がプレゼントされる。また四季すべてのピンバッチを集めると、「グランドスラム賞」がもらえる。

24時間いつでも参加できる

台紙だけでなく、現在位置とチェックポイントの場所を確認できる地図機能もついている。従来のスタンプラリーと違い、チェックポイント(山小屋など)が閉まっている時間帯も参加できるが、深夜などの参加を勧めているわけではないという。

価格は350円で、期間は14年3月31日まで。当初はAndroid用アプリのみだが、iPhone用も近日リリース予定だ。なおスマートフォンを持っていない場合でも、スタンプラリーには紙の台紙(300円)で参加できる。