ニール・メロンとクレイグ・ゼイダンPhoto by Fernando Leon/Getty Images Entertainment

写真拡大

第85回アカデミー賞授賞式中継を手がけたプロデューサー2人が、来年の授賞式も担当することが決まったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

「シカゴ」や「ヘアスプレー」などのミュージカル映画を手がけた経歴を持つニール・メロンとクレイグ・ゼイダンは、今年のアカデミー賞で「007」シリーズとミュージカル映画のトリビュートを企画。「テッド」や「ファミリーガイ」などで知られる人気クリエイターのセス・マクファーレンを司会に抜てきしたこともあり、平均視聴者数4030万人と過去数年で最も高い数字を記録した。

特に、広告主が重要視する18歳から49歳までの視聴者層が11%もアップしたことから、映画芸術科学アカデミーは、2人に継続を要請した。今年の授賞式でマクファーレンが繰り出したジョークに関して、「品がない」と批判したアカデミー会員もいたが、視聴率を優先した模様だ。

ただし、マクファーレンは再登板を要請されても固辞するとコメントしているため、プロデューサーの最初の仕事は新たな司会者探しになりそうだ。14年の第86回アカデミー賞授賞式は、3月2日に開催される。

■関連記事
第85回アカデミー賞授賞式のプロデューサーが決定
来年のアカデミー賞授賞式は3月2日に ソチ五輪を考慮
セス・マクファーレン、来年のアカデミー賞司会の意思なし
【コラム】どこよりも早い2014年のアカデミー賞予想
【特集】第85回アカデミー賞(2013年)