コンフィチュールはフランス語でジャム

写真拡大

阪神電気鉄道は2013年4月17日から29日の間、同社が展開している「阪神電車みつばちプロジェクト」の新商品をディアモール大阪(大阪市北区)の期間限定特設ショップで販売中だ。

キーワードは「明治38年」

今回発売されるのは、瓶詰はちみつ「38(みつばち)はちみつ」と「六甲山はちみつと有機野菜の魔法のコンフィチュール おろし(正式表記は漢字)」、「六甲山はちみつの魔法のロールケーキ おろし」の3商品。

「38」というのは、同社が明治38年(1905年)に鉄道を運行開始したことから名称に用いられているもの。ラベルは阪神電車の沿線風景をレトロなイラストを使用している。

はちみつは、「アカシア」(1575円)、「モチノキ」(1365円)、「サクラ」(1050円)の3種類があり、3つをまとめたギフトセット(4200円)も用意した。

「魔法のコンフィチュール」は、にんじんやトマト、たまねぎ、生姜紅茶が原料に使われており、農林水産省の有機JAS認証で「有機加工食品」に認められている。100グラムが735円、200グラム1260円。

同じ原料を使った「魔法のロールケーキ」は、ディアモールのみでの販売。1980円。

「38はちみつ」と「魔法のコンフィチュール」は5月8日から阪神百貨店梅田本店で発売されるほか、5月29日からは「38はちみつ」3本セットを阪神百貨店のお中元商品としてカタログで販売される。