YKKAP 新コンセプト「小エネ(ローエネ)で暮らそう」を提案

写真拡大

YKKAP(株)は、小さなエネルギーで快適に暮らす「小エネ(ローエネ)で暮らそう」を新コンセプトとして提案する。これは樹脂窓「APW330」など高い断熱性能を持つ窓を中心に、その周辺の商品も含めた窓辺空間を考え使い方と合わせて提案することで、窓辺空間の光や風、熱や水をコントロールしながら、一年を通じて極力エネルギーを使用しない暮らしの実現を目指すもの。
「小エネ(ローエネ)で暮らそう」の具体的なポイントは、「光を取り入れたり遮って、明るさをコントロールる」「自然の風を自在にあやつり、心地よさをアップ」「熱の出入りをしっかり抑え、心地よい室内をキープ」「水と上手につきあい、快適な暮らしをサポート」など。