プラダが文芸コンテスト実施、新人発掘目的に

写真拡大

 「PRADA(プラダ)」が、フェルトリネッリ出版社(Giangiacomo Feltrinelli Editore)の協力のもと文芸コンテスト「PRADA JOURNAL」をスタートする。新人アーティストを発掘を目的にしたプロジェクト。「PRADA」の公式サイトでは、6月18日まで作品を募集している。

プラダが文芸コンテスト実施の画像を拡大

 「PRADA JOURNAL」では、アイウェアのフレームを多様な創造的世界を生み出す機会やツールとして設定。「私たちが見ているものは真実だろうか?視覚やレンズを通して見えている景色は、はたして真実に忠実な像を映し出しているのだろうか?」をテーマに書かれた、10ページから20ページ(1ページ400文字)のショートストーリーを募集している。応募資格は18歳以上で、「PRADA」とフェルトリネッリ出版社の厳正な審査より、2013年12月31日に受賞作品を発表。受賞作品はデジタルブックとして出版される他、受賞者に5.000ユーロが手渡される。

 フェルトリネッリ出版は、1955年に創業された出版社。イタリア有数の出版組織で、出版点数は8000点以上、年間270点の新刊を出版している。現在刊行中の書籍はおよそ3000点にのぼるという。「PRADA」はフェルトリネッリ出版とともに、「PRADA JOURNAL」を通じて、文学研究の独立した基盤とこれまでに前例のないプラットフォームの構築を目指す。

■PRADA JOURNAL
URL:http://www.prada.com/ja/journal