アメリカの書籍販売が前年比6.2%増写真:ロイター/アフロ

写真拡大

アメリカの書籍販売が、電子書籍の普及で前年比6.2%アップしたと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

アメリカで電子書籍リーダーが発売されたのは2007年のアマゾン・キンドルがきっかけで、2010年にはアップルのiPadが加わった。これらの普及に伴い、電子書籍の売上げも増加している。2012年の書籍総売上げは71億ドル(約694億円)となり、前年の67億ドルよりアップしている。また、総売上に占める電子書籍の割合は、2008年に1%だったのに対し、2012年には23%近くに達している。

特に電子書籍の売上げが急速に伸びているのが児童書とヤングアダルト書籍の分野で、これらの分野の総売上げが17億ドルなのに対し、電子書籍の占める割合は前年比121%アップの2億3300万ドルだという。

■関連記事
DCコミックがデジタル配信を開始
J・K・ローリングの大人向け小説、米販売部数が明らかに
シャイリーン・ウッドリー、人気ヤングアダルト小説の映画版でヒロインに
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」著者、作家志望向けハウツー本を出版
映画プロデューサーのスコット・ルーディン、電子書籍事業に進出