結婚後、働きつづけた場合に必要な「月々のお小遣いの金額」は?

結婚すると、お金の使い方についてパートナーと相談して決める人が多いですよね。そこで今回は「結婚後、働きつづけた場合に必要な『月々のお小遣いの金額』」について、働く女子に聞いてみました!

●第1位/「3万円くらい」……34.5%
○第2位/「5万円くらい」……24.9%
●第3位/「2万円くらい」……13.5%
○第4位/「4万円くらい」……8.9%
●第5位/「10万円くらい」……4.6%
○第6位/「1万円くらい」……4.3%
●第7位/「7万円くらい」……2.8%
○第8位/「6万円くらい」……1.9%
●第8位/「お小遣いは必要ない」……1.9%
○第10位/「10万円以上」……1.5%
※第11位以下は略。

第1位は34.5%で「3万円くらい」でした! 仕事をしていると、節約しても昼食代や衣服費、化粧品代にこれくらいはかかりそう。「今もこれくらいでやりくりしている」という人もいました。

第2位は24.9%で「5万円くらい」。仕事の都合で外食が多くなってしまう人や、身だしなみにうるさい職場にいる女性は「3万円だとちょっと足りないかも……」と感じるみたい。また勉強用の書籍代や友人との集まりにも少しはお金がほしいと感じる人も、この金額を選んでいました。

第3位は13.5%で「2万円くらい」がランクイン。こちらの意見を見てみると、「かなり節約すればコレでギリギリいける」というものが多かったです。中には「食費や携帯電話代を除き、自由に使えるお金という意味ならこれでOK」というものも。

仕事をしていると、交際費や衣服費などなにかとお金は必要です。結婚したら無理なく働けるようパートナーと相談し、「月々のお小遣いの金額」を決めたいものですね。(編集部/渡辺)

※『マイナビウーマン』にて2013年3月にWebアンケート。有効回答数325件(マイナビウーマン会員:22歳〜34歳の働く女性)。