双日会長 加瀬 豊氏

写真拡大

■未来を見つめるアフリカの子どもたち

企業活動は“グローバル”な時代です。われわれ商社がグローバルに活動するのはいまに始まった話ではありませんが、これからは他の多くの企業も海外に積極的に出ていく時代です。注目したいのは新興国で、日本経済や国際経済の分析について、東大の伊藤元重教授に絶大な信頼を置いています。伊藤教授は『経済危機は世界に何をもたらしたか』で、日本も積極的に新興国、とくにアジアの活力を取り込むべきだと説きますが、私も全く同感です。

弊社はアジアの先を見据えながら、他社に先駆けてアフリカ戦略を掲げています。アフリカを考えるにあたって私がまず手に取ったのが、独立運動を現地ルポした『人間の朝』(五味川純平著、河出書房新社、絶版)でした。国が貧困から自立・独立へとシフトするときのエネルギーは凄まじい。たとえば十数年前に中国に出張に行くと、天安門広場を自転車が雲霞のごとく通り過ぎていき、自分がのみ込まれてしまうかのような錯覚にとらわれました。ベトナムやインドネシアに行っても同じで、オートバイの波に圧倒されます。

『人間の朝』には、1960年代のアフリカ独立運動の熱気が描かれています。学生時代に読んだのですが、未来を見つめるアフリカの子どもたちの写真が目に焼きついていて、ようやく新興国の時代に入りかけたアフリカの原点を見直そうとしたものです。まさに新興国へと向かうアフリカの原点が、この本の中にあると思います。

では、新興国では、どのようにビジネスを展開すべきか。それを考える際のヒントにしてほしいのが米ミシガン大学ロス経営大学院プラハラード教授(故人)の『ネクスト・マーケット』です。世界には1日2ドル未満で生活をするBOP(ベース・オブ・ザ・ピラミッド)の人々が40億〜50億人います。これら貧困層に属する人たちを、慈善事業や社会的責任活動で支援するのではなく、ビジネスの仕組みで解決していく。それがこの本のテーマです。

新興国とビジネスを始める場合、相手の与信がどうだとか、買うお金があるのかと気になりますよね。そうではなく、まず貧困層が自ら工夫して仕事をつくり、自立できる仕組みが必要で、慈善事業や社会的責任活動でなく、大企業と貧困層を結びつける、そのための新しい創造的なアプローチを工夫して解決に至る手法。そこに企業も関わっていく必要があります。この本の影響を受けて、ユニリーバやP&GなどがBOPビジネスを実践しています。

その基になる論文が発表されたのは2004年ですから、その段階ですでに欧米のグローバル企業は“実践期”に入っていたことになる。日本企業も、相手国の国民の自立を前提とした仕事をすることを使命にして、新興国のビジネス推進を図っていくべきでしょう。

最近、新興国に限らず、日本企業に対する期待が非常に高い。相手国からすると、日本企業と組むのは安心なのです。決裁が遅いという声もありますが、いったん契約した後のパフォーマンスは日本企業がベストです。その部分は、日本人が海外で仕事をする際の「自信の拠りどころ」になるはずです。

新興国は、札束で頬を叩きながらイニシアチブを取ろうとする相手を全面的には信頼しません。ですから、資源国も自分のところの権益は残し、そのうちの何割かを相手に買ってもらってパートナーシップを組もうとします。搾取ではなく、われわれもそれに応えてその国と一緒に産業を育てていく。そのベースにある信頼感が、欧米諸国とは違う日本人の強みであり、日本企業に期待されていることだと思います。

副社長をしていた頃、中東に商談に行ったとき、映画「アラビアのロレンス」に出てくるような眼光鋭いワシ鼻の長老に、こう驚かされました。

「約束を守らなかったら喉を切るぞ」。恐ろしいことを言いますけど、相手が求めているのは“信頼”“安心”で、それはこちらとしてもウェルカムでした。「心配はいらない。日本人は約束を守らないことを恥とする。日本には約束を違えれば腹を切る習慣もある」と伝えたら、すぐに仲良くなって長老自らブドウを剥いてくれました。

信頼や倫理観といった日本企業の競争優位の原点をたどると、私は『武士道』、『茶の本』(岡倉天心著、岩波文庫)にいきつくと考えています。近代になり、もともと日本人の良さはどこにあったのかを見つめて書かれたのがこれらの本ですが、当時の日本人は、これらの本に象徴される義、勇、礼などの精神を持って海外雄飛していました。

この2冊に共通するのは、最初は英語で書かれた内容が、海外で評判になり、その後、日本語に訳された点です。当時の日本人は、対外的に「日本はこういう国ですよ」と自信を持って打ち出して、積極的に理解してもらいました。一時は日本人らしさを出してはいけないような雰囲気がありましたが、もうそういう時代ではない。海外で活動するには、日本人の骨格を意識して、それを他国よりも競争優位につなげることが、大事なのではないでしょうか。

大震災から1年経つこの時期(※雑誌掲載当時)だからこそ私がお勧めしたいのは、渋澤健著の『日本再起動』です。渋澤氏は、以前から、新しい日本づくりを現役世代で築きあげていく重要性を強く感じ、この本の中にも「次世代に今日より良い時代を遺すために、今出来ることをやろう」という想いが込められています。この思想の根底には、高祖父である渋沢栄一著の『論語と算盤』など、企業家を育成する精神を受け継いでいます。明るい日本社会を創っていく世代に、是非一読してほしいと思います。

■デザイナーの発想が右脳に刺激を与える

ビジネス以外の視点を、仕事に生かすという意味では『デザインのたくらみ』を、弊社の社員にも勧めています。

この本は「いま、世の中にないものを作ることにデザインの役割がある」と言い切っている。世界有数の企業になったユニクロもナイキも、工場を持たない“デザイン会社”です。

著者の発想がユニークで、家の中を動き回れる1人乗りのEVといった斬新なコンセプトを生み出しています。1人乗りは発想できても、家の中まで縦横無尽に走り回るとは、なかなか思いつきません。デザイナーの発想に触れることで新しい気づきや視点を得られる。この本のビジュアルも素敵で、右脳が大いに刺激されます。

■加瀬 豊氏が薦める必読本

『日本再起動』渋澤 健・著(東洋経済新報社)
――渋沢栄一の玄孫が発行する「シブサワ・レター」が伝える、日本のあるべき姿。

『経済危機は世界に何をもたらしたか』伊藤元重・著(東洋経済新報社)
――日本、世界経済の状況、将来の見通しが明快に書かれている。

『武士道』新渡戸稲造・著(岩波文庫)
――日本人の骨格の原点としての「武士道」がわかりやすく書かれた歴史的な書。

----------

双日会長 加瀬 豊
1947年、千葉県生まれ。県立浦和高校卒。70年東京大学経済学部卒業後、日商岩井(現・双日)入社。92年日商岩井ニュージーランド会社社長、2003年日商岩井常務執行役員、04年4月双日専務執行役員、05年双日副社長執行役員などを経て、07年社長、12年4月より現職。

----------

(村上 敬=構成 大沢尚芳=撮影)