学んだことをどうアウトプットすべきか

がんばっているのに成果が出ない。そう感じているビジネスパーソンも多い。第一線で活躍し続けるにはもちろん、自己研鑽が必要だ。だが、その勉強は本当に、仕事の役に立っているのだろうか。ハイパフォーマーの学びの習慣を、600人アンケートの結果を交えながら紹介しよう。

▼神永正博さんからのアドバイス

じつは高校時代から自分で教科書をつくっていました。微積分ができたらいいなと思って『3日でやる解析学』という本にしたり、会社勤めをしていたころは『金融工学を読む』という本を書いたり。これらの本はあくまで自分向けなのですが、気分を盛り上げるために、プリントアウトして表紙をつくり、まえがきやあとがきまでつけていました。

教科書を書くのは、理解を深めるためです。あるテーマを突き詰めるにはさまざまな本や論文を読む必要がありますが、教科書を書きながらそれらを消化していくと、「ここはもっと深めたほうがいい」「このあたりの資料が足りない」と全体を俯瞰できるようになります。理解したことを整理するというより、何が理解できていないかを知るために教科書を書いていたようなものです。

ただし、教科書を書くのと論文を書くのは似て非なるものです。教科書を書くのはあくまで通過点。情報を処理して理解する力があれば可能です。しかし、問題をスイスイと理解するだけでは論文になりません。

優れた論文を書く研究者は、みんながスルーするところで立ち止まって疑問を抱きます。このような感性は、教科書を書いて満足するのではなく、もう一段上のアウトプットを目指すことで磨かれていくのだと思います。

----------

神永正博●東北学院大学教授
1967年、東京都生まれ。東京理科大学理学部卒、京都大学大学院理学研究科博士課程中退。東京電機大学助手、日立製作所研究員を経て、東北学院大学准教授に就任。2011年より現職。著書に『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』など。

----------

▼村井瑞枝さんからのアドバイス

専門的に学んだ知識やスキルがあるなら、セミナーや勉強会を通して人に教えることにチャレンジしてはいかがでしょうか。人に教えるには、一度学んだものを自分なりに再構成する必要があります。私も2年前から図解スキルや美術史のセミナーを開催していますが、プログラムをつくるだけで頭の中の棚卸しになり、一段高い目線を獲得できます。

人に向けて成果をアウトプットして、何かしらの反応があることはうれしいものです。好意的な評価をもらえると励みになりますし、足りない部分を指摘されたら、もっと勉強しようと思える。どちらにしても勉強へのモチベーションが高まります。セミナーや勉強会はハードルが高いと感じるなら、ブログで発表してもいいと思います。

あえて苦手な表現手段で教えるのもおすすめです。話ベタな人がセミナーをやればプレゼンの練習になるし、文章を書くことが苦手な人がブログを書けば文章の練習になる。一石二鳥です。

----------

村井瑞枝●レストランプロデューサー
辻調理師専門学校にて調理師免許を取得後、米ブラウン大学、伊ボローニャ大学にてアートを学ぶ。帰国後、JPモルガン、ボストン コンサルティング グループを経て現職。訳書に『ウォールストリート・ジャーナル式 図解表現のルール』がある。

----------

(村上敬=構成 佐粧俊之=撮影)