公開初日を迎えた「映画クレヨンしんちゃんバカうまっ!B級グルメサバイバル!!」

写真拡大

シリーズ21年目を迎えた人気アニメ映画の最新作「クレヨンしんちゃん バカうま!B級グルメサバイバル!!」が4月20日、全国324スクリーンで初日を迎えた。

しんちゃん役の矢島晶子ら声優陣は東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で舞台挨拶。「(テレビアニメも含め)もう20数年もやっていて、メンバーもそれぞれ年齢を重ねていますから、5歳児の心を忘れてはいけないと思い、心の若づくりをしてアフレコに臨みました」と話し、満場の笑いを誘った。

ゲストとして声優初挑戦のコロッケは、「出られてうれしい。感慨深いものがある」と笑顔。アフレコでは「力が入るといろんな人の声になってしまうので、誰の声にもならないように注意した」そうだが、客席からのリクエストに答え、志村けんや美川憲一、ティラノサウルスの歩き方のモノマネなど次々に持ちネタを披露して沸かせた。

渡辺直美は、「4行くらいセリフがあると息が続かなくて、毎日ハアハアしていた」と苦労した様子。現在の体重は98キロと“大台”が目前で、「セクシーなおねえさん役だったし、心からやせようと思いました」と自らに言い聞かせていた。

最新作は、しんちゃんら「かすかべ防衛隊」がB級グルメ存続のカギを握る“伝説のソース”を守るために奮闘する姿を描く。川越シェフ役で出演した川越達也は「ふだんはしゃれた料理を作っていますが、B級グルメは大好き。伝説のソースがどんな味か気になったので、再現してみたくなった」と意欲を見せた。

これには、しんちゃんが即座に反応。「じゃあ、伝説のソースを作ってくれるってことでいいのね」と念を押すと、川越スマイルで快諾の意思を表していた。

■関連記事
【予告編】「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」
渡辺直美、デビューから25キロ増で「ビヨンセ踊れなくなった」
コロッケ&渡辺直美&川越シェフ、しんちゃんからの太鼓判に大興奮!
全国劇場に“コスプレしんちゃん”出現 シネコンごとのB級グルメ味ポップコーンも販売
「映画クレしん」人気声優の神谷浩史、中村悠一、早見沙織が悪役出演