【男性編】「一番の短所は何ですか」と聞かれたら、何と答える? ランキング


わかっているのに直せない





自分のダメな部分を認めるのは、あまり気持ちの良いことではありません。しかし、ずっと見て見ぬふりをしていては、いつまでたっても短所は短所のまま。自分を成長させるには、時には短所と向き合うことも必要です。そこで今回は、402名のマイナビニュース会員の男性に、「一番の短所は何ですか」と聞かれたら、何と答えるか聞いてみました。





Q.「一番の短所は何ですか」と聞かれたら、何と答えるか教えてください(複数回答)

1位 話下手 17.2%

2位 人見知り 16.2%

3位 短気 15.2%

4位 自信がない 13.4%

5位 頑固 12.4%







■話下手

・「インプットは得意だが、アウトプットが苦手」(30歳/その他/事務系専門職)

・「人前で話をしたくない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「思いつくのがワンテンポ遅いんですよね」(36歳/医療・福祉/クリエイティブ職)





■人見知り

・「人が多い場面だと尻込みしてしまう」(27歳/運輸・倉庫)

・「人と打ち解けるのに時間がかかる」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「社交的になりたい」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■短気

・「公私ともに、ちょっとしたことでイライラしてしまう」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「結論を急ぎすぎて、ついイライラしてしまいます」(41歳/ソフトウェア/営業職)

・「仕事に没頭するほど気が短くなる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)





■自信がない

・「自信過剰な人を見るとうらやましい」(43歳/電機/技術職)

・「人の顔色をみてしまうから」(33歳/情報・IT/営業職)

・「長所の裏返しで、慎重だが決断に自信が持てないことが多いから」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)





■頑固

・「良くも悪くも」(25歳/自動車関連/技術職)

・「ひかないからとんでもないことになりかけた。取引先がいくつもピンチに」(30歳/商社・卸)

・「曲げたくないことは曲げない」(26歳/医療・福祉/専門職)





■番外編:守り一辺倒の人生もアリ?

・努力が苦手「サボるのはうまい」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・チャレンジ精神がない「常に安定を求めているから」(22歳/金融・証券/営業職)

・飽きっぽい「楽しそうな仕事があると、そちらを優先してしまうことがある」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)





総評

1位は、「話下手」でした。プレゼンを任されても、「話下手なのでお断りします」とは言えません。中には、慎重に言葉を選んだり、相手の気持ちを考えながら話したりしているため、なかなか言葉が出てこないという人もいるのでは? 「優しい」や「気遣いができる」といった長所の裏返しなのかもしれませんね。





気になったのが5位の「頑固」。長所にもなると思うのですが、今回のアンケートで回答している男性たちは、ちょっとその度合いが強すぎるようです。取引先との関係が悪化するほどでは、職場に迷惑がかかってしまうかも。少しは曲げること、折れることを覚えると、周囲の人は助かるのではないでしょうか。





番外編では、「努力が苦手」という回答も。サボるのは上手ということですから、「要領が良い」という長所に言い換えられそうです。自分では短所だと思っていることが、他人からは長所に見えていることもあります。短所も、逆転の発想で長所として生かしてしまえば、人間関係や仕事の悩みも解消できるかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)





調査時期:2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性402名

調査方法:インターネットログイン式アンケート