<東建ホームメイトカップ 2日目◇19日◇東建多度CC名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 三重県にある東建多度CC名古屋で開催中の「東建ホームメイトカップ」2日目。初日4アンダー4位タイとプロとして上々のスタートを切った松山英樹は、この日バーディなしの4ボギーで“75”と崩れ、トータルイーブンパー10位タイに後退した。
プロデビュー戦、松山英樹1打速報配信
 3番ショートではティショットをグリーン奥にこぼし、寄せきれずにボギー。さらに11番、16番でもグリーンオーバーからボギーとするなどアイアンの距離感に苦戦。さらに17番ではやや右に打ち出したティショットが飛びすぎてバンカー右の池に入るトラブル。救済を受け2打目でグリーン近くまで運ぶがアプローチに失敗しボギーとした。
 依然として不安定なショット、そして吹きつける強風が松山を苦しめた。「(ショットの不調と風で)2倍難しかった」と1日を振り返った松山。この日はショットでチャンスメイクすることができず、逆にグリーンをオーバーさせてそこからボギーとするなど久しぶりに“噛み合わない”ゴルフでノーバーディと苦しいラウンドになった。
 同組でラウンドした藤田・池田を引き合いに挙げ「藤田さんや池田さんのように粘ることができませんでした。今日は全部悪かった。もうちょっと上手くなりたいです」と悔しさを露にした。
 しかし首位の池田とはまだ4打差、充分逆転可能な位置で決勝ラウンドを迎える松山。「どうしたら良くなるかしっかり考えて練習したいです」明日からの決勝ラウンド、男子ツアーの怪物ルーキーがどのようにゴルフを修正してみせるのか。依然として大きな注目が松山に集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
石川遼、首位と3打差3アンダー7位タイ発進!
プロデビュー戦の松山、ショットが乱れるも“67”で4位タイ発進
各ツアー情報も更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング