流れがに乗りきれない有村智恵(撮影:ALBA)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 初日◇19日◇熊本空港カントリークラブ(6,455ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「KTT杯バンテリンレディスオープン」が熊本空港カントリークラブを舞台に開幕。この試合が今季国内ツアー初戦となる有村智恵は2バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの73でラウンド。首位と4打差の1オーバー23位タイとまずますの位置につけた。
LIVE写真館で最新試合をチェック!
 有村は出だしの1番でバーディ発進。最高の滑り出しを見せるが、続く2番ではセカンドショットをバンカーに入れるとボールが砂に少し沈んだ“目玉”状態に。結局このホールはダボにしてしまい、1オーバーで折り返す。後半は13番パー3でバーディが先行、続く14番でも2メートルのチャンスにつけるがこれは決まらず。「最近の波に乗り切れない部分ですね」と流れを自ら断ち切ると、終盤の17番でボギーを叩いてしまう。「イメージは良かったけど、パットが決まってくれなくてスコアを出せませんでした」とかみ合わなかったプレーを悔やんだ。
 しかし、「内容はすごくいいゴルフでした。前向きにイメージ良くやりたいです」とオーバーパースタートにも気落ちはしていない。有村は熊本出身、地元だけにこの日も多くの声援を受けながらプレーした。「とてもありがたいですし、力になります」、会場に来てくれる大勢のファンたちのためにも下を向いてはいられない。「早くアンダーで回れるように頑張りたい」、明日はスコアを伸ばし上位フィニッシュを目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新の試合の写真も更新中!
各ツアー情報更新中
AKB48 山内鈴蘭のナンでもやってやろう!更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング