<東建ホームメイトカップ 2日目◇19日◇東建多度CC名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」の2日目。この日は初日とうって変わって冷たい風が吹き荒れて難しいコンディションとなった。多くの選手がスコアを落とす中、この日イーブンで回った池田勇太がトータル4アンダーで単独首位に浮上。選手会長が開幕戦から優勝争いに食い込んできた。
 トータル3アンダーの2位タイにはでS・J・パク(韓国)、今大会過去2勝の小田孔明、シニアの鉄人室田淳。今大会がプロデビュー戦となった松山英樹は初日の好スタートが一転4つスコアを落としトータルイブンパーの10位タイに後退。マスターズ帰りの藤田寛之はトータル2オーバーの20位タイで予選を通過している。
【2日目の順位】
1位T:池田勇太(-4)
2位T:S・J・パク(-4)
2位T:小田孔明(-3)
2位T:室田淳(-3)
5位:重永亜斗夢(-2)
6位T:広田悟(-1)
6位T:スティーブン・コンラン(-1)
6位T:額賀辰徳(-1)
6位T:イ・サンヒ(-1)
10位T:松山英樹(E)
10位T:黄重坤(E)
20位T:藤田寛之(+2)他15名
<ゴルフ情報ALBA.Net>