時代はレンタルからVODへ、Hulu新CMでベッキーも涙「借りなくていい。返さなくていい。」
 映画やブルーレイ&DVD鑑賞と言えば代表的な休日の過ごし方だが、映画やドラマなどをネット上で楽しめる有料動画配信(VOD=ビデオ・オン・デマンド)サービスの市場が拡大している。野村総合研究所の市場規模予測では年内に1,004億円、2016年に1,301億円に達する見込みだ。

 対照的に、振るわないのがレンタルビデオソフト市場。2007年より下落の一途を辿り、2012年現在で2,389億円。VODに追い抜かれるのも、もはや時間の問題ではないだろうか…。「映像コンテンツ視聴に関する意識調査」(サーベイリサーチセンター)によると、レンタルビデオ利用者の9割が「返却が面倒」「観たい作品が借りられない」と不満を感じていることが明らかになった。

 その一方で、VODの利用については57.9%が「今後利用したい」と回答し、今後の利用者拡大が見込まれる。VODに対するイメージは「店舗へ行く必要がなく、利用が簡単」「返却する手間が省ける」など、レンタルビデオに対する不満を解消できる点に期待を持っている様子が伺える。また、料金定額制については、42.3%が月額1,000円までなら許容可能と答えている。

 VODサービスを利用する機器は、パソコンが59.4%と最も多く、テレビが42.5%、スマホが28.8%と続く。料金プランでは、そのサービスで観ることができる全作品を一定期間定額で見放題が36.2%と最も多く、タイトルごとに一定期間見放題が26.5%、タイトルごとに買取が13.8%という利用率となった。また、一人あたり年間利用金額の平均は6,312円となっている(一般社団法人日本映像ソフト協会「2012年 ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査」)。

 「VODサービス自体は以前から存在したが、現在ほど通信インフラが整備されていなかったため、一般には浸透しなかった。その流れを大きく変えたのが、2011年に日本に参入したアメリカのVODサービス『Hulu』だ。980円という低価格での見放題プランを導入し、マルチデバイスも実現。一つのIDでPCやテレビ、スマートフォンやタブレットPC、更にゲーム機でも視聴可能になり、VODの利便性が発揮されるようになった。」と、IT業界に詳しいジャーナリストの本田雅一氏は述べている。

 そのHuluが20日より、幅広い年齢層の男女に絶大な人気を誇るタレントのベッキーを起用し、新CM「借りなくていい。返さなくていい。」篇と「夜中に映画が見たい。」篇のオンエアを開始した。新CMでは、Huluで楽しめる10,000本以上の人気映画やドラマをいつでも自分で持ち運べるような “ワクワク感”を、ベッキーの多彩な表情とワンクリックで現れる棚や引き出しのCGを通じて表現。自宅のリビングやベッドで一人でくつろいでいる時や、友達と集まって楽しんでいる時、オフィスでのランチタイムなど、様々なシチュエーションでベッキーがHuluを楽しむ様子が描かれ、彼女の表情とともに、各場面で突如現れるHuluの作品ラインアップも必見となる。

――撮影を終えての感想や今回の撮影で力を入れた点をお願いします。

ベッキー:今回のHuluのCMは、色々なシチュエーションや衣装で、様々な表現をすることができたのですごく楽しかったです!笑顔もありますし、涙を流すシーンでは集中力が必要だったんですけど、楽しむことが出来ました。私なりにHuluを使う時のワクワク感をうまく表現できたと思います。

――ベッキーさんにとって、Huluを使うワクワク感とはどんなものですか?

ベッキー:まずは作品数の多さです。今日はどれを見ようかなぁーとか、どこでも自分のタイミングで作品を見ることができるワクワク感が最高だと思います。

――今回のCMでは一人でリラックスしている時や友達とワイワイ楽しんでいるシーンの撮影となりましたが、ベッキーさんは大勢の友達といる時はどんな作品を楽しみたいですか?

ベッキー:大勢の時はラブストーリーが観たいです!キスシーンではみんなで「キャーッ!」って言ったりしたいです(笑)。大勢で見る時には、Huluの借りなくていい、返さなくていいというのがすごく良いですね。

――映画鑑賞といえば代表的なオフの過ごし方ですが、ベッキーさんはオフの時は何をして過ごすことが多いですか?

ベッキー:のんびりすることが大好きなので、これからはHuluに頼りっぱなしだと思います。Huluに出会ってから、「待ち時間=Huluを楽しむ時間」で、ずっと楽しんでいます。待ち時間も移動時間も全然退屈しないんですよ。部屋や空間に自分だけのレンタルショップがある感覚で、幸せです。

――Huluでは現在10,000本以上の映画・ドラマ・アニメが見放題で好きなだけ楽しめますが、ベッキーさんのおすすめの作品や、今後見てみたい作品は何ですか?

ベッキー:まずはお友達の作品を沢山観たいです。今はちょうどお友達の宮崎あおいちゃんの作品を観ています!それと、どうやら私の出ている作品もあるらしいので、探して反省会をしたいと思います(笑)。

Hulu - 10,000本の映画・ドラマが、選び放題、見放題。

・引用:有料動画配信サービス・VODがレンタルビデオを超える? - 週プレNEWS
[PR記事]