日産、電気自動車「リーフ」の価格を改定 - 補助金受給の場合で220万円から

写真拡大

日産自動車は19日、2012年11月にマイナーチェンジした同社の100%電気自動車「リーフ」の国内希望小売価格を同日より改定すると発表した。改定後の価格は、Gグレードが384万7,200円、Xグレードが347万1,300円、Sグレードが306万2,850円。

今回の価格改定は1月17日に公表されたもので、ゼロ・エミッション社会の実現を加速させるため、利用者からの要望に応えて実施するとのこと。前年度と同等の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給できた場合は、およそ220万円からとなる。

また、ユーザーの利便性をさらに向上させていくため、急速充電器の設置を積極的に推進。国内販売会社での急速充電器設置店舗数は、2013年3月末までに800店舗まで拡大している。これにより、国内販売会社の3店舗に1店舗以上の割合で急速充電器が設置されたことになる。

同社の関連会社であるオーテックジャパンでも、「リーフ」をベースとした福祉車両「ライフケアビークル」シリーズの国内希望小売価格を、19日より改定すると発表。「リーフ アンシャンテ 助手席回転シート」は349万9,650円から387万5,550円、「リーフ ドライビングヘルパー」は358万6,000円から394万4,000円となる。