チャレンジトーナメントで優勝を飾ったポール・シーハン

写真拡大

 トップでスタートしたポール・シーハンがこの日は3バーディ、3ボギーとスコアを伸ばすことは出来なかったが、後続の選手も追い上げならず、ポール・シーハンがそのまま逃げ切り見事「HEIWA・PGM ChallengeI〜Road to CHAMPIONSHIP」のチャンピオンに輝いた。
圧巻の10バーディのゴルフでP・シーハンが単独トップに!初日
 2打差2位でスタートした井手口正一は、前半からシーハンとほぼ一騎打ちの展開のまま後半へ、12番、14番とシーハンのボギーで一時はトップに並ぶも、井手口は16番痛恨のボギーで再び1打差。最終ホールの18番でもボギーとなり、シーハンがそのまま逃げ切った。終わってみれば、スタート時と同じ2打差で決着がついた。
 ポール・シーハンはこの優勝でJGTO規定による中日クラウンズの出場と11月に開催される「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」(11月7日〜10日茨城県・美浦ゴルフ倶楽部)にも主催者推薦で出場することが決まった。
 「今日は風も強く吹いて、難しかったけど、とても嬉しい。プレー中は心臓がドキドキしていたが、マスターズで優勝したアダム・スコットのグッドイメージを持ってプレーしていた」と本人が語るように、先日のマスターズチャンピオンであり同じオーストラリア出身のアダム・スコットの優勝に大きく影響を受けたという。
 「アダムとは友達。彼の優勝インタビューを見て、おおいに影響も受けたし、心を動かされた」と語り、少なからず、自身のこの優勝にも良いイメージを与えてくれていた様子だった。
 「中日クラウンズは自分の好きな大会、そして好きなコースの一つ。あくまでも自分の目標はレギュラートーナメントでの優勝。それが今回の優勝で一度に2つの大会に出られることとなり、チャンスも2倍になった」と手放しで喜んだシーハン。「いいスタートが切れたし、いいチャンスも広がった。チャレンジで3勝もしたいし、この先レギュラーでも勝ちたい。」幸先の良いスタートを切ったシーハンは、すでに貪欲に次の勝利を狙っていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>