住信SBIネット銀行、女性向けネット専用住宅ローン「アンジェリーナ」開始

写真拡大

住信SBIネット銀行は18日、三井住友信託銀行の銀行代理店として販売している「ネット専用住宅ローン」において、女性専用サービス「アンジェリーナ」の取扱いを開始した。

同社は働く女性を応援したいという思いから、昨年以下の取組みを実施した。

働き女子応援キャンペーンの実施(2012年12月〜2013年3月実施)



女性の顧客を対象にサービス等に関するアンケートの実施(2012年12月実施)



住宅ローンセミナー「女性のための賢い住宅ローンの選び方」(2013年1月実施)



同社の「アンジェリーナ」は、上記の取組みを踏まえ、ネット専用住宅ローンの特徴(※1)である8疾病保障に加えて、「ガン診断給付金保障」を基本付帯とし、借入れしてもらえるサービス内容とした。さらに、プリザーブドフラワーをプレゼントする。

ガン診断給付金保障住宅ローンの借入れ日から3カ月を経過した日の翌日以降に生まれて初めてガン(悪性新生物)に罹患し、医師により診断確定された場合に診断給付金30万円(支払いは1回のみ)が支払われる



保険料は全額三井住友信託銀行が負担



健康状態によっては加入できない場合がある



プリザーブドフラワー住宅ローン借入れ日から2〜3カ月後に日比谷花壇より届ける

今後とも同社は、顧客のニーズにスピーディーに応え、女性の資産形成を応援する取組みに努めていくとしている。