『THE BLING RING(原題)』 ©2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved

写真拡大

ソフィア・コッポラ監督の最新作『THE BLING RING(原題)』が、12月から東京・渋谷シネクイントほか全国で順次公開されることがわかった。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、コッポラ監督にとって2010年の『第67回ベネチア国際映画祭 金獅子賞』を獲得した『SOMEWHERE』以来、約3年ぶりとなる長編作品。実在の事件をもとに、ハリウッドのセレブレティーに憧れる10代の若者たちによる窃盗団がゲーム感覚でパリス・ヒルトンらの豪邸に侵入し犯罪に手を染めていく姿を描く。なお、同作のタイトルに掲げられた「BLING RING」とは、事件当時にメディアによってつけられた彼らの呼称だという。

窃盗グループの主犯格役を演じて新たな一面を披露しているのは、『ハリー・ポッター』シリーズで知られるエマ・ワトソン。共演者にはレスリー・マン、タイッサ・ファーミガ、クレア・ジュリアンらが名を連ねている。劇中音楽はダニエル・ロパティンとブライアン・レイツェルが担当。

なお、同作は『第66回カンヌ国際映画祭 ある視点部門』のオープニング作品になることが決定しているほか、6月12日からフランス、6月14日からアメリカで公開される予定だ。