パンの代わりにレタスで具材をはさむ「モスの菜摘」、5年ぶり期間限定復活

写真拡大

モスバーガーを展開するモスフードサービスは、4月23日から9月上旬まで「モスの菜摘(なつみ)」シリーズを販売する。「モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て」(320円)、「モスの菜摘 テリヤキチキン」(320円)、「モスの菜摘 フィッシュ」(300円)、「モスの菜摘 海老カツ」(350円)、「モスの菜摘 ロースカツ」(340円)、「モスの菜摘 チキン」(280円)の6商品。

モスの菜摘シリーズはチキンやロースカツなどの具材をバンズ(パン)の代わりにレタスで包んだヘルシーなバーガー。2004年から2008年まで販売していたが、特に女性から「もう一度販売してほしい」と要望が多かったという。5年振りに復活し、期間限定販売となる。

パティの上に野菜をたっぷりのせオリジナルのオーロラソースをかけた「モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て」、鶏もも肉を網焼きして醤油ベースのテリヤキソースに絡めた「モスの菜摘 テリヤキチキン」を販売。ほか、揚げたてメニューとしてフィッシュフライとチーズの風味がレタスによく合うという「モスの菜摘 フィッシュ」、海老のむき身を使用したカツにタルタルソースをかけた「モスの菜摘 海老カツ」、厚切りの豚ロースカツと千切りキャベツをレタスで包んだ「モスの菜摘 ロースカツ」、鶏むね肉のサクサクチキンフライをレタスでさっぱり楽しめるという「モスの菜摘 チキン」を展開する。すべての商品を包むレタスは、協力農家により栽培しているものが丸ごと納品されており、各店舗で調理している。