女性がきゅんとしたメール -「頑張ってるの知ってる」「俺のものにしたい」

写真拡大

口にできない想いをメールに乗せて……。離れている男女が、相手のことを思いながら送った言葉は、時に対面するよりも大きな感情を届けてくれる。今回は、マイナビニュース会員のうち独身女性300名に、男性からの送られたきゅんとしたメールについて聞いた。

Q.男性からもらったメールにきゅんとしたことはありますか?



はい 40.3%

いいえ 59.7%





Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんなメールでしたか? どうしてきゅんとしましたか?



■直球な言葉にキュン

・「ストレートに『好きだよ』とメールが来た時、言葉で言われるのとはまた違ったキュンがありました」(25歳女性/その他/その他)

・「好きといっぱい書いてあった」(25歳女性/その他/秘書・アシスタント職)

・「メールでデートの誘いが来てOKしたら『断られると思ってたから超うれしい』と来た時、かわいいと思っちゃいました」(23歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)





■会ってる時とのギャップ!

・「普段は一人称が『俺』なのに、『僕』と書いてあった時」(24歳女性/農林・水産/事務系専門職)

・「突然、『会いたい』と……普段言わない人だったので」(24歳女性/その他/その他)

・「早朝の仕事の前に、朝に弱い彼から励ましメールが来て、きゅんとした」(22歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「メールが苦手な彼から私の好きな猫の写真付きメールが届いた時……わざわざ撮って送ってくれた事にきゅんとしました」(33歳女性/不動産/事務系専門職)

・「震災の直後、めったにメールをよこさない彼が、大丈夫だったかと心配するメールをくれて、何通かやり取りをした最後に言われた『気を付けて帰っておいで』にやられた……普段全く優しさを表に出さないのに、ごくまれにこういうことを言うからずるいと思う」(25歳女性/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)





■ダメ押し! が効いてる

・「まだ付き合っていない男性から寝る前に『おやすみ』だけではなく『明日も頑張ろうね』と入っていた時……一言加わるだけで、うれしいから」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「付き合うことになって最初にもらったメールの最後に『だいすきだよ』と書かれていた時……それまでそんなことを言ってくれる人と付き合ったことがなかったから」(23歳女性/医療・福祉/専門職)

・「忙しくて短時間しか会えなかった時の帰ってからのメールで『顔を見られただけで幸せ』」(28歳女性/情報・IT/技術職)

・「遊んだ後に『今日はありがとう、次はいつ会える?』と一言メールくれるとうれしくなる」(23歳女性/金融・証券/営業職)

・「好きな人から、デート後の、今日は本当に楽しかったねというメール」(28歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)





■ホロリとくる応援メール

・「いつも頑張ってるの知ってるよ、っていうメール」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「『何したの?取り返せないミスはないから、ゆっくり焦らずに』職場の彼(上司)からのメール」(25歳女性/建設・土木/事務系専門職)

・「カラ元気をわかっていてくれたメール」(28歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「頑張らなくてもいいんだよ、というメールが来た時はうれしかった」(31歳女性/不動産/その他)

・「お疲れ様!という内容を面白おかしくアレンジしたもの、疲れて落ち込んでいる時だったのでささいな内容でもうれしかった」(24歳女性/医療・福祉/事務系専門職)





■体調を心配するメール

・「授業でケガをしたその放課後に心配のメールをしてくれたこと」(24歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「誕生日だったのに、風邪をひいた自分の心配をしてくれた」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)