関西初「フォーエバー21」大阪道頓堀の繁華街にオープン

写真拡大

 ロサンゼルス発のファストファッションチェーン「FOREVER21(フォーエバー21)」が、4月20日、大阪道頓堀に関西1号店をオープンする。パルコが新規開業する商業施設「道頓堀ゼロゲート」の地上1〜地上3階に出店。渋谷店に次ぐ国内2番目の店舗面積で、関西エリアの旗艦店と位置付ける。道頓堀ゼロゲートが建つのは、道頓堀の通称ひっかけ橋(戎橋)から至近の好立地。大阪らしい飲食店が集積し、観光客が行き交うミナミを代表する繁華街に面している。(文・写真 / 橋長初代)

関西1号店「フォーエバー21」オープンの画像を拡大

 ビルを一棟借りする「フォーエバー21大阪道頓堀店」は、店舗面積約3,800平方メートル。原宿店と同じ全面ガラス張りの外壁で、大きなデジタルサイネージが設置されている。入口には2層の吹き抜けがあり、明るく開放的な印象だ。1階「レディス、メンズ、小物」、2階「ウィメンズ、キッズ(ガールズ)、デニム」、3階「レディス、アクセサリー・小物、シューズ、ランジェリー、ベーシックウェア」とフルラインで構成。1階吹き抜け近くのウィメンズ売り場では、サマーフェスをテーマにしたコレクションを前面に打ち出す。また、ウエスタンとボヘミアンを融合した甘すぎないスタイルや、クールなアーミー調スタイルなどトレンドのスタイリングを展開する。2階では「FOREVER21」を卒業した大人向けのライン「LOVE21」を拡充。3階ではとくにシューズサロンとアクセサリーコーナーを強化し、商品バリエーションを増やしている。

 「FOREVER21」は2009年4月、東京・原宿に日本1号店をオープン。翌年、銀座、ららぽーとTOKYO BAY、新宿、渋谷に出店した後、郊外SCやアウトレットモール、福岡、仙台にも出店している。大阪道頓堀店は国内13店舗目。規模や立地などの条件に合う物件をようやく確保でき、待望の関西初出店となった。日本での展開について同社のグローバル展開担当ディレクター、ジャーティン・マルホトラ氏はこう語る。「日本に進出して以来、ビジネスは期待以上に好調だ。他社のように出店計画を立てているわけではないが、今後も市場性と可能性がある立地には積極的に出店していく。フラッグショップがオープンしたので、関西でも複数店舗出店したい」。現在、梅田、神戸、京都で物件を探している模様だ。

 戎橋から北へと延びる心斎橋筋商店街と周辺には「H&M(エイチ&エム)」、「ZARA(ザラ)」、「Bershka(ベルシュカ)」、「GAP(ギャップ)」、「UNIQLO(ユニクロ)」、「GU(ジーユー)」などが集積。4月13日には商店街の北口に「H&M心斎橋店」もオープンし、グローバルSPAの戦いが再燃している。(文・写真 / 橋長初代)

■フォーエバー21大阪道頓堀店
 住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-22 道頓堀ゼロゲート
 営業時間:10:00〜22:00 不定休