第5弾「鷹の爪GO 吉田、秘密結社やめるってよ(仮)」(C)蛙男商会/DLE

写真拡大

「秘密結社鷹の爪」シリーズ第5弾で、3年ぶりとなる新作「鷹の爪GO 吉田、秘密結社やめるってよ(仮)」が、今秋に全国公開されることが決まった。

同シリーズの生みの親で、今作でも監督・脚本を務めるFROGMANは「今回の映画のテーマは親子。大人と子ども、家族みんなで楽しめる映画をつくります。目指すは『クレヨンしんちゃん』!」とコメントを寄せた。さらに、副題についても「『神と神と部屋とYシャツと私』『島根はまだ本気出してないだけ』『レ・ミラリルレロ』などたくさんの有力候補があり、社内で協議を重ねた末の厳正なる選考の結果、社運をかけてこのたびの副題決定となりました」と明かしている。

2006年にテレビ朝日の深夜番組として放送されたテレビシリーズ、TOHOシネマズでのマナームービーにより爆発的な人気を博し、07年に劇場版第1作「秘密結社鷹の爪 THE MOVIE 総統は二度死ぬ」が公開。その後も2本が劇場公開(4作目は『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3 http://鷹の爪.jpは永遠に』のDVD特典として製作)されている。

昨年4月からはNHK Eテレの番組「ビットワールド」で、テレビシリーズ「秘密結社鷹の爪 NEO」が放送されており、鷹の爪団の総統や吉田くんといったキャラクターの認知度は一躍全国区となった。4月20日からは全国のTOHOシネマズで、劇場限定の特報映像の上映や、吉田くんの顔型チラシの設置を予定している。

「鷹の爪GO 吉田、秘密結社やめるってよ(仮)」は、今秋公開。

■関連記事
FROGMAN最新作、合言葉でトヨタが鑑賞料金を全額負担