<東建ホームメイトカップ 2日目◇19日◇東建多度CC名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 4アンダー4位タイと好位置からスタートした松山英樹は、ハーフターンした時点で1ボギーのトータル3アンダー1つスコアを落とした。
 初日とは、うって変わって肌寒く、風も吹く中スタートした。スタートの1番ティショットは、しっかりと振り切りフェアウェイセンターをとらえた。このホール惜しくもバーディを逃すが、パーをキープ、まずまずのスタートを切った。3番210ヤードパー3で、グリーンをとらえるもグリーン奥のカラーにこぼれ、パターで寄せるが、返しを外しボギーにした。前半は、このボギーで1つ落としトータル3アンダーとして折り返した。
 同組同順位でスタートした池田勇太は、1バーディ2ボギートータル3アンダーと1つスコアを落とした。同組の藤田も1つスコアをおとしトータル1オーバーとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
プロデビュー戦の松山、ショットが乱れるも“67”で4位タイ発進
松山英樹1打速報配信中
各ツアー情報も更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング