オジー&シャロン・オズボーン夫妻
 - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 結婚31年目で妻と破局、別居したと報じられたミュージシャンのオジー・オズボーンだが、離婚はしないとFacebookに書き込んでいる。

 「ここ1年半、僕は酒とドラッグにおぼれてきた。心の暗闇にいた僕は愛する人たち、特に家族に対して最低の態度をとり続けた。うれしいことに、今はしらふになって44日間が経過している。はっきりとさせておきたいのは、僕とシャロンは離婚はしないということ。僕はもっといい人間になろうとしているだけだ」。

 「これまで気が狂ったような態度を取ってきたことをシャロン、家族のみんな、友達、バンドのメンバー、そしてファンのみんなに謝りたい。みんなに神の祝福がありますように。オジー」と彼のFacebookページには書かれている。

 オジーとシャロンの息子ジャックは両親の破局報道はうそだとコメント。「すべてうそっぱちだ。僕が知る限り、イギリスの新聞報道は正確とは言えないからね」とツイートしている。

 シャロンとオジーが別居していることについてシャロンのスポークスマンは認めてはいるものの、仕事のスケジュールのせいだと説明。「シャロンは仕事のためホテル住まいをしており、オジーはブラック・サバスのツアーがあるため別々に住んでいるだけです。もちろんケンカをすることもありますが、別れてはいません。以前にシャロンがイギリスで仕事をしていたときも別居をしていました。結婚生活が破綻したということはありません」との声明を出している。(BANG Media International)