大阪府・新世界で「市電霞町線」開業100周年記念イベント -展示車両も登場

写真拡大

大阪市交通局は20日より、「大阪市営交通110周年記念事業」のプレイベント第一弾として、大阪府大阪市・新世界特設会場にて、「市電霞町線開業100周年記念イベント」を開催する。

同局は9月12日、明治36(1903)年9月12日に路面電車の営業を開始して以来、今年で創業110周年を迎えることを記念して「大阪市営交通110周年記念式典」を行う。

また、9月12日の記念日から1年間を新しいステージへの躍進の年と位置付け、これまでサポートしてくれた市民や利用者への感謝の気持ちと、未来へ向けてさらなる発展を続ける決意を込めて、「大阪市営交通110周年記念事業」を実施する、としている。同イベントは、同記念事業に先立つプレイベントの第一弾となる。

開催期間は、4月20日、21日、27日、28日、5月11日、12日、18日、19日の計8日間 10時〜16時。会場は、新世界特設会場(「スパワールド世界の大温泉」北側)ほか。オープニングイベントとして、4月20日 10時に、主催者及びキン肉マン作者ゆでたまご(嶋田隆司)氏など来賓により、展示車両(市電2201号車)の除幕式などを行う。そのほか、「市電車両の展示」や「万華鏡」の投影などを実施。また、関連イベントとして、交通局「市電保存館」の一般公開や動物園前駅での駅長室見学会を行う。

その他、詳細は同局Webページにて確認できる。