男性がきゅんとした女性のメール - 「私だけは味方だよ」「頑張るっちゃ」

写真拡大

今日も残業で夜遅くに帰宅。靴を脱いだ瞬間、彼女から入った「お疲れさまでした」のメール。仕事の疲れを少し忘れて、ホッコリできた……。いい子だなー。今回は、マイナビニュース会員のうち独身男性262名に、女性からもらったメールにキュンとしたことがあるか、教えてもらった。

Q.女性からもらったメールにきゅんとしたことはありますか?



はい 25.2%

いいえ 74.8%





Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんなメールでしたか? どうしてきゅんとしましたか?



■かわいいメールにキュン

・「こっちから送ったメールに、うーん、とかかわいらしく悩んでいる返信」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「『頑張るっちゃ』とちょっとかわいらしい語尾を使っていたとき」(27歳男性/不動産/その他)

・「ハートマークがあるときゅんとしてしまう」(35歳男性/情報・IT/技術職)

・「ハートの絵文字をあまり使わないであろう人からハートの絵文字のメールが送られてきたとき」(29歳男性/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「ぴょこぴょこ飛び跳ねているかわいい絵文字を使っていて、かわいいと思った」(29歳男性/電機/技術職)

・「今日のデートは楽しかったと絵文字をたくさん使って表現してくれたこと」(29歳男性/自動車関連/技術職)





■添付ファイルを使うワザ

・「かわいい写真付きメール」(34歳男性/情報・IT/販売職・サービス系)

・「相手が入院してた間、暇だったのどうかしらないが、イラストを添付メールで送ってきていた……かわいかったなー」(31歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)





■まっすぐで素直なメール

・「シンプルに『会いたい』」(25歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「『愛してる』かわいかった」(32歳男性/情報・IT/技術職)

・「『これからも一緒にいたいです』とにかく大切にされているのがわかったから」(26歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「自分にあえたことがうれしい、と言ってくれた」(26歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

・「『あなたしかいない』お互いがきついときだったのでともかくキュンときた」(30歳男性/商社・卸/その他)





■男性への癒やしと心遣い

・「疲れた日の夜に『今日もお疲れ様』というメール」(25歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「コンサートの前に『がんばって』と……かわいいので」(24歳男性/電機/事務系専門職)

・「徹夜続きの最終日に『早く帰ってきてね』メールもらいました……何げない一言に励まされて後からじんわりと響きましたね」(47歳男性/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「一緒に遊んだ日、お互い家に帰った後に、『今日は楽しかったです』と言われるときゅんとする」(30歳男性/小売店/事務系専門職)

・「『おやすみ』気持ちがあったから」(23歳男性/機械・精密機器/技術職)





■ドキドキのメール

・「かっこよかったという感想をもらった時、ときめいた」(26歳男性/情報・IT/事務系専門職)

・「相談ごとに乗ってあげていたら『私、あなたのことが好きになったかも』と言われたとき」(26歳男性/情報・IT/技術職)

・「どうしてそんなに私に優しくしてくれるの、と送られてきたとき」(28歳男性/その他/技術職)

・「『さびしいな〜』気になっていた子だったのでドキッとした」(27歳男性/建設・土木/技術職)

・「『みんなが敵に回っても私だけは味方だよ』」(34歳男性/医療・福祉/専門職)





■総評

女性から送られてきた”キュンとした”メール、回答で目立ったのは、カワイイ絵文字や顔文字を使ったメール、だった。男性は絵文字やデコメなどをあまり使わないことが多いので、こういった装飾に新鮮さと女性らしさを感じるようだ。