香港版無印良品? ヴィレッジヴァンガード??--香港の人気雑貨店が楽しすぎ!

写真拡大

香港に行って迷うのがお土産選び。どうせ買うなら、実用的かつユニークさもある香港らしいモノを選びたい! そんな要望を現地コーディネーターさんに投げかけたところ、「ぴったりのお店がある」と言って紹介してくれたのが、「G.O.D」(GOODS OF DESIRE, Causeway Bay店 住所: Leighton Centre, Sharp Street, East Entrance, Causeway Bay 営業時間: 12時〜22時)という店だ。

香港に8店舗を構える人気店で、「日本で例えるなら無印良品みたいなところ」とのこと。開店の10分前に店に到着すると、地元の若者数人が既に並んでいるではないか!

開店と同時に店内をくまなく巡ってみたのだが、驚いたのはそのバリエーションの豊富さ。お土産になりそうな雑貨、文具、食器はもちろん、衣服、家電、家具、オモチャなどなど、ない物はないと言わんばかりの品ぞろえなのだ。しかも、どの商品もデザインがおしゃれでユニーク。まさにこんなお店を探していた! ここからは、「G.O.D」で見かけた中から香港っぽくて実用的、そしてお土産にぴったりなモノをいくつか紹介したい。ただし、これ以外にもいろいろな雑貨があるので、実際に訪れて自分好みの一品を是非見つけていただきたい。

まず、クリアファイル(1つ20香港ドル 約230円)。香港の情緒漂うビルや新聞広告、レトロな生活道具の写真などがデザインされた一品。幾つあっても困らないアイテムだし、香港らしいデザインなのでお土産に喜ばれそう。クリアファイルと同様に、香港の町並みなどをデザインしたノートブックもある(A6ノートが95香港ドル 約1,110円、A5ノートが135香港ドル 約1,580円)。

プレースマット(1枚90香港ドル 約1,050円)はA4サイズ大の大きさで、ワンプレート料理をのせるのに活躍しそう。デザインはホテルの昔の広告をあしらったレトロな感じ。プレースマットとしてではなく、そのままインテリアとして飾っても面白いかも。また、「喜」という漢字を2つ合わせた「ダブルハピネス」がモチーフとなった食器は、鮮やかなカラーが印象的(コップが90香港ドル 約1,050円、皿が120香港ドル 約1,400円など)。

その他、かわいらしいパンダグッズもファンが多い。ティッシュカバー(230香港ドル 約2,700円)やスリッパ(295香港ドル 約3,450円)、パジャマ(男性用398香港ドル 約4,660円・女性用345香港ドル 約4,040円)などがある。意外と精巧でかっこいいのは、香港の2階建てバスのおもちゃ(128香港ドル 約1,500円)で、トラムもある(78香港ドル 約910円)。コーディネーターは香港版無印良品と言っていたが、このバラエティ感、ヴィレッジヴァンガードに近いような気もする。いずれにしても、店の中を見て回るだけでもワクワクする。

雑貨のお土産は買った。次は食べ物系。コーディネーターが「ここしかない!」とおすすめしてくれたのが、レストラン「夜上海」内に併設されている「茶古力」(Shop332,Pacific Place,Admiralty 営業時間:11時30分〜21時30分)だった。茶古力はチョコレート専門店で、香港リピーターの間では「失敗しないフォーマルな土産の店」として有名とのこと。チョコレートは8種類でそれぞれカカオの産地が違う。それぞれに、ジャスミン茶、龍井茶、抹茶、アールグレイ、ウーロン茶、鉄観音茶、水仙茶、プーアル茶といった8種類のお茶のフレーバーが楽しめ、香港らしさもキラリと光る。

パッケージにも高級感があり、お世話になっている方へのお土産にも喜ばれそう。8個セットになったラッキーボックスは128香港ドル(約1,500円)。16個のトレジャーボックスが228香港ドル(約2,670円)、32個のファミリーボックスが388香港ドル(約4,540円)で展開されている。

※価格は2012年12月時点。時期やキャンペーン期間によって価格が変わることもある