モスバーガーの新メニューが暴走しすぎていると話題

写真拡大

モスバーガーが4月23日から9月上旬までの期間限定で5年ぶりに販売する「モスの菜摘(なつみ)」シリーズが、インターネット上で大きく話題となっています。

ハンバーガーといえば、肉や魚、野菜などの具材をパンに挟み込んで食べるのが一般的ですが、この「モスの菜摘」シリーズでは、そのパン部分がパンではなくレタスという構成。

【関連:Yahoo!知恵袋に投稿されている「ホットケーキが冷めたら、ホットケーキじゃなくなりますか?」の回答が斜め上を行っている】
 
発表された「モスの菜摘(なつみ)」シリーズの写真を見ると、挟むレタスのボリュームも半端ありません。
レタスと中の具材を分解してお皿に盛れば、普通の「ハンバーグプレート」にもなりそうです。

販売されるのは、「モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て」(320円)、「モスの菜摘 テリヤキチキン」(320円)、「モスの菜摘 フィッシュ」(300円)、「モスの菜摘 海老カツ」(350円)、「モスの菜摘 ロースカツ」(340円)、「モスの菜摘 チキン」(280円)の全6商品。

ちなみにこのシリーズ、2004年から2008年まで販売され、ヘルシー志向の女性を中心に幅広く支持された商品だったとのこと。「今回の復活はそうしたファンからの要望に応える形で実現した」とモスバーガーを運営する株式会社モスフードサービスは説明しています。

そして、今回の件について、この斬新すぎるハンバーガーについて、インターネット上ではこのような意見が交わされています。

・間のキャベツいらんだろwwww
・モスバーガーさんの新メニューが暴走してる…。
・モスバーガーぶっ飛んでんな
・え、サラダwww
・モスバーガーよ。どうした。 新しすぎてただただ驚愕
・野菜は好きだよ、好きだけどさ!www モスバーガーさん! 斬新すぎますw
・これエイプリルフールネタじゃないのかよ…

みな驚きを隠せない様子。
以前発売されていたということなので、当時食べた事がある人に意見を聞いてみたところ「それなりに美味しかった……でもバーガーというよりはサラダに肉が挟まったって感じ」という意見。

実のところはどうなんでしょうね。発売日が待ち望まれます。

(文:虹子)