(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーリゾートの30周年記念イベント“ザ・ハピネス・イヤー”、もうチェックしましたか? テレビCMもたくさん流れていますし、仲のいい友人同士で、遊びに行く計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

ところで、「30周年記念イベント“ザ・ハピネス・イヤー”って、どんなイベントなの? どんな楽しみがあるの?」なんて思った方はいませんか? さすがに30周年記念ということで、イベントの内容は盛りだくさんです。

今回は、年間パスポート所持者の私が、絶対にチェックしておくべき“見どころ”をピックアップしました。30周年“ザ・ハピネス・イヤー”の見どころ完全ガイドをお届けします!

■東京ディズニーランド

●フォトスポット
まずは東京ディズニーランドから始めましょう。30周年イベント期間中は、パーク内のあちこちに、カラフルな30周年記念デコレーションが施されています。歩くだけでハピネスが感じられて、楽しくなりますよ。写真撮影スポットとして注目したいのが、「エントランスのフォトロケーション」と、「シンデレラ城」の2カ所です。

エントランスには、ゴールド30周年コスチュームをまとったディズニーの仲間たちと、鮮やかなハピネス・バルーンで飾られたフォトロケーションが設置されています。記念撮影には欠かせないスポットです。

シンデレラ城にも、ハピネス・バルーンが飾り付けられています。普段よりもポップな印象です。記念撮影をすれば、きっといい思い出になりますね。30周年限定ということもあり、ここも押さえておきたいスポットです。


●新パレード『ハピネス・イズ・ヒア』
30周年記念イベント“ザ・ハピネス・イヤー”最大の見所は、新しく始まるデイ・パレード『ハピネス・イズ・ヒア』です。CMでおなじみの爽快なリズムに乗って、ディズニーの大人気キャラクターたちがハピネスを振りまきます。

個人的にも一番のおすすめです。とにかく音楽が最高なので、キャラクターにそれほど関心がない人でも、きっと気分が盛り上がりますよ!

(※『ハピネス・イズ・ヒア』のレポートは「【写真満載】ディズニーランド30周年新パレード『ハピネス・イズ・ヒア』全フロートを紹介!」[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13516 ] をどうぞ!)

●ディズニードローイングクラス
ディズニーキャラクターの描き方を教えてもらえる『ディズニードローイングクラス』では、ハピネス・バルーンを持ったキャラクターを描く、特別クラスが開講されています。

絵を描くというと、苦手な方は二の足を踏むかもしれません。が、『ディズニードローイングクラス』はかなりおすすめです。絵描き歌を、絵画の基本に忠実に描いていくようなイメージ。絵のセンスの無さでは右に出るものがいない、というくらい絵が苦手な私でも、意外にしっかり描けてしまいます。知らず知らず、のめり込んでいる自分に気がつくはずです。

4月15日の“ザ・ハピネス・イヤー”開幕と同時に描けるのは、スタンダードコースのドナルドダック、アドバンスコースのミッキー&ミニーです。夏頃までにはグーフィーやチップ&デールのクラスも開講する予定だとか。楽しみですね。

●ガイドツアー
キャストのお兄さんお姉さんがパークの魅力を案内してくれるガイドツアーも、「ディズニーの夢と魔法の世界へ:“ザ・ハピネス・イヤー” スペシャルバージョン」になっています。デイ・パレード『ハピネス・イズ・ヒア』を、ガイドツアー専用鑑賞エリアから体験できる特典つきです。

パレード『ハピネス・イズ・ヒア』を好位置で鑑賞するには、かなり長い時間を待たなければならない可能性が高いので、この特典はいいですよね。ガイドツアー中には、ファストパスルートを通っていくつかのアトラクションを体験できます。未経験の方も、ぜひ試してみてください。

●30周年スペシャルグッズ
東京ディズニーランドの『コズミック・エンカウンター』では、好きなキャラクターのアタッチメントとバルーンパーツを組み合わせて、自分だけのオリジナル“ハピネスバルーンアクセサリー”を作ることができます。

選べるキャラクターは10種類(4月11日時点。期間限定で入れ替わるキャラもあり)、バルーンパーツは「30th」と各アルファベットの32種類もあります。さらには、チャームやストラップでデコレーションすることもでき(別料金)、まさに自分だけのアクセサリーになりますね。これは人気が出ると思います。

また、革製(レザー)アクセサリーに、自分の名前を刻めるレザーカービングも注目。ディズニーランドでは『フロンティア・ウッドクラフト』、ディズニーシーでは『ロストリバーアウトフィッター』で購入できます。

●30周年限定グルメ
東京ディズニーランドの30周年限定グルメで外せないのは、なんと言ってもクリスタルパレス・レストランでしょう。ランド&シーで人気のメニューや、復刻メニューが、贅沢なブッフェスタイルで味わえます。

ミッキーチュロスなど、食べ歩きメニューまで含めて、すべて食べ放題。きっと混雑すると思いますが、一度はいただきたいですね。

また、「イーストサイド・カフェ」「ブルーバイユー・レストラン」の2店舗では、ハピネスバルーンをモチーフにしたカラフルなスペシャルコースが登場。「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」「センターストリート・コーヒーハウス」の2店舗では、30周年アニバーサリーケーキを販売。こちらも要チェックです。

●コレクタブルグラス
『イーストサイド・カフェ』と『ブルーバイユー・レストラン』では、スペシャルドリンクと一緒に、30周年デザインのコレクタブルグラスを購入できます。

『イーストサイドカフェ』のドリンクは、ピーチピュレをベースに、ラズベリーソースを加え、グレープフルーツジュースとレモンソーダで割った、オレンジ色と甘い香りが特徴。デザインはミッキー&デイジーです。

『ブルーバイユー・レストラン』のドリンクは、パッションフルーツのシロップにパイナップルジュースを加え、ライムとミントを浮かべたトロピカルドリンク。キャストが仕上げにブルーシロップを注いでくれます。デザインはミッキー&プルートです。

●食べ歩きメニュー
食べ歩きメニューにも、30周年限定商品が登場しています。まず何と言っても、ポップコーンバケット。ディズニーリゾートでポップコーンは定番ですよね。今回はバケットのデザインだけでなく、ポップコーンの味を変えるシーズニングも登場しています。味はバナナとガラムマサラ。実際に食べてみましたが、びっくりするほど味が変わりますよ。

新しい食べ歩きメニューとして、グミキャンディーが登場。ハピネス・バルーンをモチーフにしたスーベニアケース付きです。このグミキャンディー、フルーティで意外なほど美味しいです。くせになります。新たな定番になりそう。

さらには、人気のミッキータピオカドリンクが30周年バージョンに変身。ハピネス・バルーン風のミッキーシェイプのタピオカが入っています。味はピーチ&レモン。見た目もカラフルでいいですよね。

※ポップコーンバケット、シーズニング、スーベニアケース付きグミキャンディーは、ディズニーシーでも購入できます

■東京ディズニーシー

●フォトスポット
続いて東京ディズニーシーの見どころです。ディズニーシーももちろん、30周年限定デコレーションで彩られています。パークに入ってすぐのアクアスフィア(噴水)付近に、やはりディズニーの仲間たちやハピネスバルーンで飾られた、30周年記念フォトロケーションが設置されています。絶対に記念撮影しておきたいですよね。

そのほか、アクアスフィアからメディテーレニアンハーバーへ抜けるミラコスタ通りも撮影スポットなので、要チェックです。


●ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー
ミッキーマウスたちが、30周年のロゴが入った船に乗って、メディテーレニアンハーバーの海に登場します。30周年のテーマソングとともに挨拶にきてくれるキャラは、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィー、プルート、ダッフィー、シェリーメイの7キャラクター。

ディズニーシーで“ハピネス”を体験する前に、ぜひミッキーたちに会っておきたいですよね。

●ダッフィーとシェリーメイの限定グッズ
ダッフィー好きにはたまらないのが、ダッフィーとシェリーメイの30周年限定グッズです。ゴールドの30周年コスチュームや、ぬいぐるみバッジ、パスケース、ストラップなどがあります。

さらには、人間用と同じ30周年デザインのダッフィー用Tシャツと、ハピネス・シェアペンダントに似たダッフィー用ライトペンダントも。ダッフィー&シェリーメイとペアルックになれるわけですね。これは流行りそうです。


●ディズニーシーの30周年限定グルメ
東京ディズニーシーのグルメでおさえておきたいのは、「マゼランズ」のスペシャルコース。カラフルなハピネスバルーンがモチーフの色彩豊かな料理を楽しめます。

また、マゼランズには、コレクタブルグラス付きのスペシャルドリンクもあります。ブルーシロップにピーチジュース、オレンジジュース、ソーダを加え、ライチーシャーベットと花びらを浮かべた、大航海時代がテーマのドリンクです。グラスのデザインは、ミッキー&ドナルド。併せてチェックしたいですね。

■ランド&シー共通

●ハピネス・シェアペンダント
ここからはランド&シー共通で楽しめる要素を紹介します。まずは限定グッズです。

最も注目なのはハピネスシェアペンダントでしょう。ランド&シーに5箇所ずつある“ハピネスシェア・スポット”にはめ込んでボタンを押すと、ミッキーやミニーからメッセージが。ミッキーの声と光を収集できます。光を3つ以上集めると、もれなくペンダントアクセサリーももらえます。

●数量限定グッズ
抽選販売となる数量限定の30周年記念グッズも用意されています。

・ダイヤモンドネックレス ¥300,000- 限定数: 30
・フィギュアディスプレイセット “ハピネス・イズ・ヒア” ¥150,000- 限定数: 500
・スワロフスキー・エレメント スマートフォンケース(for iPhone 5) ¥50,000- 限定数: 100
・ミッキーマウスの純銀メダルセット ¥39,000- 限定数: 300
・30周年スペシャルピンセット(フレーム付き) ¥30,000- 限定数: 300
・ブロンズフィギュア ¥30,000- 限定数: 500
・万年筆&ボトルインクセット ¥30,000- 限定数: 300
・ぬいぐるみバッジセット ¥30,000- 限定数: 5,000
・1/43 ダイキャストモデル ディズニーリゾートクルーザー ¥20,000- 限定数: 2,000
・G-SHOCK ¥18,000- 限定数: 3,000
・ナノブロック デラックスエディション シンデレラ城 ¥18,000- 限定数: 3,000

最も高価なのは、ダイヤモンドネックレスの30万円。断然プレミアム感が漂いますね。抽選の申し込みは4月30日まで。申し込みが限定数に達しなかった場合は、2013年6月10日(月)よりディズニーランド内ディズニーギャラリーにて販売するそうです。

詳しくはオフィシャルサイトの「30周年限定グッズ事前抽選予約サービス」のページをチェックしてください。

●公式カメラアプリ『Happiness Cam』
限定エフェクト

30周年記念“ザ・ハピネス・イヤー”に連動して、スマートフォン専用の公式カメラアプリ『Happiness Cam』がリリースされています。無料アプリなので、スマートフォン・ユーザの方はダウンロードしておくのがおすすめです。

なぜなら、ディズニーランドの「エントランス」と「シンデレラ城」、ディズニーシーの「アクアスフィア」と「メディテーレニアンハーバー」で笑顔を撮影すると、そこでしか現れない限定エフェクトを使用できるからです。30周年公式アプリということで、2014年3月20日までの限定となります。いい思い出になりますね。

(※『HAPPINESS CAM』の記事は「東京ディズニーリゾート初の公式カメラアプリ登場!『HAPPINESS CAM』がリリース」[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12909 ] をどうぞ!)


●ハピネス・オン・ハイ(花火)
夜の最後のイベントと言えば、東京ディズニーリゾートの夜空に打ち上がる花火です。なんとこの花火まで、30周年記念スペシャルバージョンになっています。30周年のテーマソング『Happiness is Here』 に併せて、色とりどり花火が次々に打ち上がります。最後の最後まで、“ザ・ハピネス・イヤー”を満喫できるというわけですね。

きっと帰宅の途についても、ついつい『Happiness is Here』を口ずさんでしまうのはないでしょうか。なにせ舞浜駅の列車の発車音まで、『Happiness is Here』になっているほどですからね!

■思い思いに30周年を楽しもう

今回は、絶対にチェックしておくべき“見どころ”をピックアップしましたが、それでも見てのとおり、盛りだくさん。とても1日や2日では、すべてを体験できませんよね。

みなさんは何が気になりましたか? 個人的にはやはり、新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」がイチオシです。思い思いにハピネスあふれる東京ディズニーリゾートを楽しんできてください。もちろん私も通います!

ほかにも、スカパー!ディズニー・チャンネルでは、東京ディズニーリゾート(R)の最新情報をたっぷり紹介する番組が放送中。『ディズニー365スペシャル 東京ディズニーランド30周年 見どころ全部魅せちゃいます!』(4月21日(日)18:30〜)もチェックしてみよう。

★4/15(月)〜21(日)はディズニー・チャンネルが無料放送!
スカパー!公式サイト[http://www.skyperfectv.co.jp/special/disney/] 

こちらのレポートもどうぞ!
【写真満載】ディズニーランド30周年新パレード『ハピネス・イズ・ヒア』全フロートを紹介! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13516 ]
【TDL】どこが変わった? リニューアル『スターツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー』を徹底解剖! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13548 ]
【ディズニーシー】3時間待ちは当然!「トイ・ストーリー・マニア!」に60分以内で乗る3つの方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12404 ]
【TDL】ファンの涙と感謝に包まれて。ディズニーランド『ジュビレーション!』最終公演レポート [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13399 ]
【TDL/TDS】土日祝日で東京ディズニーリゾートが空いている日ベスト3 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13219 ]