東京都・調布のJAXA「調布航空宇宙センター」、研究設備を一般公開!

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は科学技術週間にあわせ、4月21日に「調布航空宇宙センター 一般公開」を開催する。

同イベントは、普段はなかなか見ることができない同施設の研究設備を公開するほか、おもしろ体験コーナーなど様々な催しを実施。会場は2つに分かれ、第1会場の調布航空宇宙センター(東京都調布市)では、地上エンジン試験設備、JAXA スーパーコンピュータ、再生型生命維持システムの研究などを公開する。

第2会場の調布航空宇宙センター飛行場分室(東京都三鷹市)では、災害監視無人機システムを初公開。静粛超音速機技術の研究開発、先進複合材料の研究についても公開する。

第1会場では、航空宇宙技術に実際に触れて体験できる「おもしろ体験コーナー」も実施。また、小学生を対象に、飛ぶ仕組みを考えながらスカイスクリューを作る「工作コーナー」も先着500名で開催する。

さらに、隣接する4つの研究所(宇宙航空研究開発機構、海上技術安全研究所、電子航法研究所、交通安全環境研究所)をまわり、スタンプを集める「スタンプラリー」も開催。スタンプを集めると記念品をプレゼントする。

イベント開催時間は10時〜16時(入場は15時30分まで)。