橋本愛

写真拡大

 女優・橋本愛が18日、都内で行われた映画『くちづけ』舞台あいさつに貫地谷しほり、竹中直人、宅間孝行、堤幸彦監督、主題歌を担当した熊谷育美と共に出席し、堤監督作品に挑んだ思いを語った。

 通常の映画のようにワンシーンごとにカットを割る撮影方法ではなく、スタジオに建てたセットで演劇さながら一気に撮影を行ったという本作。堤監督は、「密度の高い演劇を中継しているような感じで、その熱が映像に出ていれば」とその意図を明かす。

 この撮影方法は、舞台経験のない橋本にとって、初めての経験。「やったことのない、異様な光景で面白かったです。(普段でも)台本の内容は把握しているけど、セリフまで全部覚えてリハーサルに向かうのは初めて。他にもいろいろと初めてでした」と初めての連続となった撮影を振り返った。

 また、橋本は「わたしは人見知りだったので、皆さんとお話しできなくて……」とコメントしたが、これを貫地谷と宅間が「うそです」「中心にいて本当に面白かったです」と否定。クールなイメージの強い橋本について、宅間が「別に彼女、怒っているわけじゃないですよ」とフォローする一幕も。会見では橋本も、「本当に怒ってないです。怒っているってすごく言われるんですけど……」と美人過ぎる故の(?)悩みも明かしていた。

 『くちづけ』は、宅間率いる劇団「東京セレソンデラックス」が上演した舞台を、「SPEC」「トリック」シリーズなどで知られる堤監督が映画化した作品。知的障害者が暮らすグループホームを舞台に、娘を思う父親の深い愛を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『くちづけ』は5月25日より全国公開