144名の選手が出場し、晴天のもと開幕したチャレンジトーナメント第2戦「HEIA・PGM Challenge1〜Road to CHAMPIONSHIP」はいきなりハイスコアの展開となる初日となった。
この日トップに立ったのは、ポール・シーハン。出だしの3連続バーディを含む、10バーディ、1ボギーの63で回り、トータル9アンダーで2位とは2打差の単独トップに躍り出た。
「今日はアイアン、特にウェッジでうまく寄せられた」と本人が言うように、17番でのチップインも含めて、今日のパット数は20。「とにかくティショットはフェアウェイキープであとはアプローチでうまくバーディチャンスにつけられた。このコースは砲台のグリーンが多いから、アイアン、アプローチがとても重要だね」と会心のゴルフを振り返った。
チャレンジトーナメント開幕戦のNovil Cupは右胸に痛みから棄権、一時オーストラリアに帰国し静養、このたび万全の体調で日本に戻ってきた。本人にとってはこれがシーズン開幕戦。
日本ツアー13年目となるベテランの36歳はこれまでに日本オープン、ゴルフ日本シリーズJTカップなどメジャー優勝も含めてツアー3勝の実績を持つ実力者。
明日追いかける選手にはかなり手ごわい相手となるが、明日に向けては「コースコンディションもいいし、グリーンも完璧。明日も今日と同じようにどんどんアタックしていくよ!!」とアクセル全開の様子。
このままシーハンの独走モードとなるか。2位以下の選手の追い上げなるか?
明日の決勝ラウンドが注目される。
予選ラウンドは2アンダー51位タイまでの68名が、明日の決勝ラウンドに進出した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>