「世界の」紗栄子!? Twitter・Facebook英語やハングルで積極発信も反応「...」

写真拡大

ダルビッシュ有選手と出来ちゃった婚をし、一躍有名となったモデルの紗栄子(26)。
離婚の際には慰謝料24億円、養育費は月に1,000万円と要求したとも報じられ、すっかりお騒がせタレントとしての立ち位置を確立しつつあるが、世の中何故か"特別な何かをもっているようにはみえないのに、話題に事欠かない人"というのがいる。

しばらくママタレの真似ごとのようなことをしていた紗栄子だが、モデル業にも徐々に精を出している。3月におこなわれた東京ガールズコレクションでは、大胆にお尻を出しているのか、パンツにおさまりきらなかっただけなのかわからない後ろ姿を披露。観客の度肝をぬいたが、初のファッションスナップBOOK「Saeko Snap!」(2013年3月22日発売・宝島社)を出版するやいなや4月1日付けのオリコン週間"本"ランキングBOOK(総合)部門では、週間1.4万部を売り上げ、BOOK(総合)部門で12位に初登場、ジャンル別「タレント本部門」では首位を獲得するなど、「ママタレ業」の傍ら「モデル業」もすっかり順調のよう。


そんな紗栄子が、SNSで英語など、日本語以外での積極的な発信を続けているのをご存知だろうか?

紗栄子は昨年秋、「ブログのコメント欄に、海外の方からの日本語でのメッセージを目にするようになったその日からずっと、『海外の方にもそのかたの国の言葉で私からもメッセージを伝えたいなぁ』と思っていた」ことを明かしたうえで、TwitterとFacebookにアカウントを開設。4か国語での発信を目指すとしていた。

 スタッフの方にも手伝ってもらいながらだといい、英語のほかハングルや中国語での記事を公開している。内容は、日本語版のブログとほぼ同じようで、ファッション・コスメ関係やグルメが多い。

 英語といえば、相武紗季が4月からアメリカ・カリフォルニア州の大学に短期留学。語学習得で演技の幅を広げたいというのがその理由だった。ハーフタレントや子どもの頃に海外の学校に行くなどで、英語に堪能な芸能人も多い今。これから英語を勉強する芸能人には、是非言葉だけでなく文化なやその言葉での会話のニュアンスをふくめて習得し、世界に羽ばたいてくれることを願うが、それにしても人の手を借りて何か国語もの発信をする紗栄子は、どこへ向かっているのか。

ちなみに4月18日時点で、紗栄子のTwitterフォロワー数は5019、Facebookの「いいね!」登録者は 2,353人。全世界に向けて発信している割には、もう一歩といったところだが、「自分ブランディング」のプロデュース力には定評がある紗栄子のこと、もしかしたら何かしてくれるかもしれない。今後の活躍に注目したい。


【参考リンク】
紗栄子 Facebook
http://www.facebook.com/pages/Saeko/122687071213487

Saeko (OFFICIAL) Twitter
https://twitter.com/SaekoOFFICIAL

紗栄子オフィシャルブログ