※画像は『101%のプライド』(幻冬舎)

写真拡大

 16日、フジテレビがプロボクシングのノンタイトル戦を異例の生中継で放送し、高校でアマチュア7冠を制し“怪物”との呼び声も高い井上尚弥がプロデビュー3戦目を白星で飾った。また、同枠ではロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリストの村田諒太のプロテストの様子も併せて放送され、同局の2人への“入れ込み”ぶりが話題になっている。

 かつては視聴率競争でトップを走ったフジテレビも、現在では「振り向けばテレビ東京」と揶揄される“泥舟”状態。2人の若手ボクサーは、救世主となれるのだろうか?

「フジテレビがゴールデンでボクシングを中継したのは21年ぶり。1992年にフジは、10戦10勝10KOの渡辺雄二という若い選手を担いでスター路線を張ったんですが、いよいよゴールデンで世界挑戦という試合になって、世界王者のヘナロ・エルナンデス(故人)に完膚なきまでに打ちのめされてしまった。この試合がフジにとってトラウマになっていて、以来“真剣勝負”のボクシングはゴールデンで放送するコンテンツとしてはリスクが大きすぎるということで避けられてきたんですよ」(スポーツ紙記者)

 そんなフジがノンタイトル戦をゴールデン中継するだけあって、2人にかかる期待の大きさは知れるというものだが、仮に井上・村田が期待通りの活躍を見せて世界王座を獲得したとしても、それで即、視聴率上昇につながるかといえば微妙なところ。昨今のボクシング中継といえば、一時は20%超えを連発していた亀田兄弟の試合も、先日の長兄・興毅のWBAバンタム級王座防衛戦は11.2%と低調。その翌日に日本テレビで放送されたWBCバンタム級王者・山中慎介の3度目の防衛戦は“これぞ世界戦”というハイレベルな攻防が見られる好試合となったが、視聴率は7.7%と1ケタに沈んだ。

「ここ10年、一般のお茶の間にとってプロボクシングといえば亀田兄弟でした。亀田ブームによって内藤大助らのスターも生まれましたが、逆に“世界王者”という地位の重みは消し飛んでしまった現状です。それでも、昨年6月に行われた井岡一翔と八重樫東のWBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦は関東地区で18.2%、関西地区で22.3%を記録するなど、競技そのものの潜在的な魅力は失われていない。業界もファンも、フジのボクシング班の動向には注目していますよ」(同)

 開局から間もない1960年代、フジテレビは国民的ボクサー・ファイティング原田の試合を独占中継し、50〜60%という視聴率を連発して“黄金時代”を築いた。今後、同局は視聴率に関係なく井上の試合をゴールデン中継していく方針を打ち出しているが、“黄金時代、再び”を期待する声は、決してフジ局内だけではなさそうだ。