松たか子主演「四月物語」初々しい感性が伝わるメインポスター公開!韓国で25日に封切り

写真拡大

韓国で今月25日に封切りとなる映画「四月物語」の感受性豊かなメインポスターが公開され、注目を浴びている。

18日、映画「ラブレター」で有名な岩井俊二監督の「四月物語」の、先日公開されたポスターより初々しい二十歳の少女の感性がより強く伝わってくるメインポスターが公開された。

公開されたメインポスターには、カチンコを持って丸い目で前を見つめる主人公、楡野卯月(松たか子)の姿が大きく映っている。

春の雨に髪の毛が少し濡れた姿からは、初恋のトキメキで胸がいっぱいになった純粋な少女の魅力が感じられる。

恋に落ちた二十歳の松たか子の初々しくてラブリーな魅力が感じられる今回のポスターは、観客の期待をより高めている。

また、松たか子が持っているカチンコと共に「私の恋はこれからです」というキャッチフレーズで映画が伝えるロマンチックな愛を予告している。「4月、恋のトキメキが再び訪れてきます」というキャッチフレーズも、人々の心をときめかせる恋の奇跡を暗示しており、観客の映画への好奇心を刺激する。