ジェローム・サル監督写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

第66回カンヌ映画祭(5月15〜26日)のクロージング作品に、フランスのジェローム・サル監督作「Zulu(原題)」が選出された。同映画祭事務局が発表した。

「Zulu(原題)」は、南アフリカのケープタウンを舞台にした、オーランド・ブルームとフォレスト・ウィテカー主演のスリラー。コンビを組む白人と黒人の刑事が事件に取り組むなかで、アパルトヘイトの闇が浮き彫りになっていく。サル監督にとっては初の英語映画となる。

なお、同映画祭のオープニング作品には、バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「華麗なるギャツビー」が決定している。コンペティション部門の審査委員長にはスティーブン・スピルバーグ監督が就任しており、その他の出品作は4月18日に発表される見込み。

■関連記事
オーランド・ブルーム&ジャイモン・フンスー、刑事サスペンスに主演
オーランド・ブルーム「ロミオとジュリエット」でブロードウェイデビュー
フォレスト・ウィテカー「プレシャス」監督の新作に主演
カンヌ映画祭オープニングにディカプリオ主演「華麗なるギャツビー」
スティーブン・スピルバーグ監督、今年のカンヌ審査員長に