友だち作りの秘けつを語った宮崎あおい

写真拡大

女優の宮崎あおいが4月18日、都内で行われた主演作「ペタル ダンス」の女子大生限定試写会に共演する忽那汐里、映画「好きだ、」以来6年ぶりにタッグを組んだ石川寛監督とともに出席した。

久しぶりの再会を果たした女同士の友情を描いた本作。客席から「大学に入学したばかり。映画に出てくるような親友を作るコツは?」と質問され、宮崎は「友だちって磁石みたいに自然と仲良くなるもの。でも3年に1回くらい、どうしても友だちになりたいと思える人と出会うと、勇気を出して『好きです、ぜひ友だちになってください』とはっきり伝える」と友人作りの秘けつを伝授。「友人の数は片手で数えられるほど」だというが、「なかなか会えなくても、どこかでつながっていて、きっとおばあちゃんになっても一緒だと思う」としみじみ語っていた。

石川監督が構想8年のオリジナルシナリオを執筆し、心に傷を抱える女性が、自分を見つめ直し再スタートをきる姿を繊細に映し出す。宮崎は「石川監督とは『好きだ、』をご一緒して、素晴らしい経験をさせていただいた。今回は台本を読む前から絶対出演したいと思うほどうれしかった」と感無量の面持ちだった。一方、忽那は「好きだ、」の大ファンだったといい、「とてもひかれるものがあり、今回はそういう世界観に自分も加わることができてうれしかった」と喜びの声。「監督の妥協しない気持ちを積み上げた作品」とアピールしていた。

映画には宮崎と忽那をはじめ、安藤サクラ、吹石一恵が出演。大学からの友人であるジンコ(宮崎)と素子(安藤)は、海に飛び込んだと噂されるミキ(吹石)に会うため帰省することに。偶然出会った原木(忽那)とともに、北の果てにある故郷を目指して1泊2日の小さな旅に出る姿を描く。

「ペタル ダンス」は4月20日から全国で公開。

■関連記事
個性バラバラ?宮崎あおい、忽那汐里ら「ペタル ダンス」女優陣が勢ぞろい
宮崎あおい主演作に風間俊介&後藤まりこ&安藤政信ら出演
「好きだ、」以来6年ぶり、宮崎あおい×石川監督の新作公開決定
松田龍平、感謝の“言葉”しかない!辞書編集描く「舟を編む」が封切り
櫻井翔&宮崎あおい「神様のカルテ」再び 藤原竜也が初出演へ