ネクソン、韓国・LIVEPLEX社と『Scarlet Blade(原題:Queens Blade)』日本配信契約を締結

オンラインゲーム事業を展開する株式会社ネクソンは、韓国のデベロッパ株式会社LIVEPLEXが開発するMMORPG『Scarlet Blade(韓国サービス名:Queens Blade)』の日本での配信サービス権を獲得したと発表した。

【関連:韓国や台湾で高評価を得る正統派MMORPG「ドラゴナ」ついに始動】
 
LIVEPLEXとネクソンは、ネクソンでサービスしているMMORPG『ドラゴナ』を通じ、既に提携実績を積んでいる。

今回契約が発表された『Scarlet Blade』は、2012年7月12日から韓国でサービスしている作品。
未来ファンタジーの世界観をベースに、強力な戦闘兵器に変身可能なマキシマイジング(Maximizing)システム、迫力溢れる戦闘を楽しめる各種戦闘システム、誰でも手軽にゲームを楽しむことができる便利システムなどで、多くのプレイヤーから継続的な人気を得ている。

今回の契約締結について、LIVEPLEXの金併進 代表取締役社長は次のようにコメントを寄せている。

「日本市場でもっとも高いゲーム配信能力を有するネクソンとのサービス契約を高く期待している。日本サービスのための徹底的な準備作業により、日本のゲームプレイヤーを満足させることのできる、高い水準のサービス提供のために最善をつくします。」
(LIVEPLEXの金 併進代表取締役社長)

なお、今回発表ではサービス時期、サービス形態などは含まれていない。