【漫画】『進撃の巨人』TVアニメ開始で大好評! いまアツい“侵略モノ”作品あれこれ

写真拡大

4月から一斉にスタートした2013年春アニメ。良作揃いのシーズンと言われるなか、特に高クオリティでファンを唸らせているのが人気コミックを原作とした『進撃の巨人』だ。突如出現した謎の「巨人」たちに人類が立ち向かうハードアクションで、ライトな日常ものが流行している昨今では珍しく、圧倒的スケールの絶望感を視聴者に味わわせてくれる。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

今回はそんな『進撃の巨人』に代表される“侵略モノ”の注目作・定番作をいくつか紹介していきたい。

■第1の本命『進撃の巨人』

原作は別冊少年マガジン連載の漫画で、コミックスが10巻まで発売されている。かなり早い段階からクチコミ中心で人気が広がり、2011年版『このマンガがすごい!』で見事1位に選出。講談社漫画賞を獲得したほか、TVアニメ化、さらには実写映画化も予定されるなど人気はとどまるところを知らない。発行部数も1巻当時は15万部程度だったのが、いまや累計1200万部に到達した。

人気の理由は、なんといっても巨人たちが生み出す究極の絶望感。発生原因は不明、知能や文化をもつかどうかも不明。どんな傷を受けてもすぐに再生される。大きさは数メートルの個体から60メートル級の超大型タイプまでさまざま。ただ彼らは黙々と人類に襲いかかり、生きたまま“捕食”する。生殖機能はなく、捕食者なのに消化器官も存在しない。……一体このモンスターは何なのか? それすらろくに明かされないまま、主人公たち人類は勝ち目の薄い反撃を強いられる。当然、読者(視聴者)もハラハラさせられっぱなしだ。

キャラクターは巨人に親を殺されて復讐を誓う少年・エレン、そして彼に病的なまでの好意を抱くヒロイン・ミカサを中心に個性派ぞろい。巨人たちに生活圏を奪われ、高い壁に囲まれた狭い生活圏で細々と生き延びる人類の存亡を賭けて戦う。

銃火器がない世界なので、主人公たちの戦闘手段はもっぱら刀剣を使った白兵戦。射出型のワイヤー装置で高所を自在に駆けまわる「立体機動」を駆使して、巨人の唯一の弱点(首の裏側)を切り刻むというリスクの高い戦術だ。スケール比でいえば生身でガンダムに挑むようなものなので、兵士たちの死亡率も極端に高い。侵入してきた巨人に食われ、巨人の生態を調査しに出かけて食われ……全編にわたって徹底的に絶望させてくれる。

数少ない欠点は、まだまだ発展途上にある作者の画力だったが、これはアニメ版で大幅に改善。キャラクターに色がつき、声がつき、動きが出たことで見違えるほど良くなった。まず『進撃の巨人』の魅力に手っ取り早く触れたい人はアニメ版を、たっぷり練られた謎と伏線をアニメに先がけて味わいたい人は原作コミックをお薦めしたい。公式サイトでは1〜9巻の試し読みも可能だ。

■第2の本命『テラフォーマーズ』

まだメディアミックスされていない“侵略モノ”作品では一番の注目株。『進撃の巨人』に遅れること2年、同じ『このマンガがすごい!』の2013年版でオトコ編1位に輝いた。

ファンタジー要素が強かった『進撃の巨人』に対し、こちらは600年後の地球と火星を舞台にしたSFアクション。科学の発展した人類は、生活圏を広げるために火星の地球化(テラフォーミング)に着手した。火星へ送り込まれたのは、大気中に酸素を作り出すための苔、そして本作最大のキモとなる生物――ゴキブリである。ゴキブリの黒い体表で太陽光を吸収し、火星の気温を上昇させる。その後に人間を派遣し、増えたゴキブリをすべて駆除すればテラフォーミング完了……となるはずだった。

だが、後に火星へ送り込まれた駆除班が見たのは2足歩行し、知性を身につけるまで進化したゴキブリ(テラフォーマー)だった。昆虫としてのパワーや生命力はそのまま、集団で襲いかかる敵たちによって人間側が“駆除”されていく凄惨な光景は圧巻。どうにか駆除班の一部が地球へ生還し、ゴキブリ=テラフォーマーとの長い戦いが幕を開ける。これほどボリュームの詰まったスリリングな物語が、わずかコミックス1巻の中で展開される。

そんなにゴキブリが手強いなら火星を放棄すればいいじゃん、とはいかない。火星由来のウイルスが持ち込まれ、地球にも死の病が広がってしまっているためだ。結局、人類は病気の治療薬を作るために探索チームを編成し、また火星に向かうこととなる。その2巻以降も絶望につぐ絶望。火星へ向かう宇宙船内でテラフォーマーに襲われたり、人類側に黒幕がいるらしかったり、一瞬たりとも目が離せない。

さて、本作もう1つの特徴は、極悪なテラフォーマーに対する人類側の戦い方だ。生身では到底かなわない、かといって強力な銃火器では相手に奪われた時に大変。というわけで高度な科学力の出番となる。人間に特殊な手術をほどこすことで“昆虫の能力”を手に入れ、テラフォーマーに対抗しようというのだ。これにより腕力や機動力が飛躍的にアップし、テラフォーマーたちとも肉弾戦がやれるようになる。こうしたトンデモ科学+正統派SF+ド派手なバトルアクションの融合が『テラフォーマーズ』最大の魅力と言っていいかもしれない。

ストーリーも作画力もすばらしく、小説化・アニメ化・実写映画化とどんなメディアミックスにも好適な逸品。おそらく遠くない時期に、なにかしらの新しい展開が発表される可能性は高いだろう。Youtubeで公開されている公式PVを見る限り、ヤングジャンプ編集部もプロモーションに相当力を入れているようだ。

■コメディ主体の『侵略!イカ娘』『ケロロ軍曹』

侵略モノはなにも人がバタバタ死んでいくハード展開だけじゃない。もう1つの大きな流れとして“侵略者がいつの間にか人類と共存する”タイプのコメディ作品も人気だ。

そちらの方面で近年ブームになったのは『侵略!イカ娘』。原作は週刊少年チャンピオン連載のコメディ漫画で、2度にわたってアニメ化された。海洋を汚染する人類に鉄槌を下すべく、海からの侵略者がやってきたわけだが、その侵略者は語尾に「〜イカ?」「〜でゲソ」を付けるキュートな少女。予想しなかった地上人の高度な文明に驚愕し、海の家に居候しながらまったり地上侵略を目論む……といった日常系コメディ。

とにかく作品の見どころは“イカちゃんかわいい”の一言に尽きる。原作を知らなかった層もアニメ化と同時に続々とファンになり、イカ娘の独特な口調はアニメ化された年(2010年)にネット流行語3位を獲得した。アニメ第3期を待ち望むファンの声も多く、文化的な侵略ならすでに成功している気もする。

また、同系統作品なら『ケロロ軍曹』を忘れてはならない。連載14年の歴史を誇り、TVアニメも全357話という大ボリューム。地球侵略の先遣隊としてやってきたカエル型宇宙人(ケロロ)とその仲間たちが、やはり地球の人々に懐柔されて居候しながらドタバタを巻き起こすというお話。危険度はイカ娘よりも高そうだが、ギャグ漫画のお約束で地球侵略は遅々として進まない。何よりも地球のガンプラを愛するケロロ軍曹は、人類を滅ぼせるチャンスがあっても静岡県(ガンプラ工場がある)を気遣って実行に移せないなど、見事なまでのヘタレぶりで毎回侵略に失敗する。

こうした「ミイラ取りがミイラになる」「人類より優れているはずの種族が人類に屈服する」「なぜか異種族なのに日本のカルチャーが大好き」といった要素のいくつかは、ほかの人気作にも共通して見られる。たとえば現在アニメが好評放送中の『這いよれ! ニャル子さん』『よんでますよ、アザゼルさん。』も厳密な侵略モノではないにせよ、同様の特徴を備えている。

■シリアス系とコメディ系、両方の特徴を備えた『暗殺教室』

ガチで侵略者と戦う『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』、侵略者とほのぼの日常生活をおくる『イカ娘』『ケロロ軍曹』、この両面を備えた作品もある。ちょっと古いところでは『寄生獣』だ。人類を捕食する謎のパラサイト(寄生生物)が登場したところから始まり、人類とパラサイトが死闘を繰り広げながら最終的には共存の道を歩む。主人公とパラサイトの種族を超えた友情描写がすばらしく、全体のストーリー構成も見事な傑作だった。

大ヒット中のジャンプ漫画『暗殺教室』もそうしたカテゴリに入りそうだ。登場する殺(ころ)せんせーは地球を侵略どころか丸ごと破壊しようとする最凶の超生物だが、普段はギャグパートを担当する腰の低い中学教師。最終的にシリアスとギャグ、どっちの展開になるかがいまだ予想できない。

幼いころは戦隊ヒーロー番組で、成長してからはアニメや漫画で、考えてみれば日本人が触れる作品のなかで“侵略モノ”は意外に少なくない。しかも「侵略者が攻めてきた!人類の反撃だ!なぜか大統領が強ぇ!アメリカ万歳!」といったハリウッド的展開ばかりではなく、天敵なはずの存在と融和・共生していく作品が目立つ。侵略モノがこうした多彩なバリエーションを見せるのは、さすが日本のサブカルチャーだ。

こちらのレポートもどうぞ!
【漫画】コミックス売り切れ続出!!話題作『暗殺教室』は『ONE PIECE』に迫れるか? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10689 ]
原作改変、残虐描写カット…業界人が語るTVアニメ"自主規制"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12377 ]
『黒子のバスケ』脅迫問題にみる、“リアル”に影響を与えた漫画の出来事 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11086 ]
『変態仮面』映画公開で加速する、日本の”変態”カルチャー [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13094 ]
『まどか☆マギカ』『リリカルなのは』『プリズマ☆イリヤ』…いまチェックすべき"魔法少女アニメ"と意外な共通点 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13348 ]