HAWAII FIVE−0、フレンズ

写真拡大

人気番組や長寿番組には、必ずと言っていいほどいい音楽が流れている。その曲を聴くだけで、番組のワンシーンを思い浮かべてしまうこともあるだろう。米TV Guideは今回、TV番組のテーマ曲にスポットライトを当て、ベスト10を発表した。

見事1位に輝いたのは、1982年から1993年まで11シーズン放映された、テッド・ダンソン主演のシットコム『Cheers』。ボストンに実在するチアーズというバーが舞台のこの作品は、バーのオーナーやバーテンダーを中心にそこに集まる客との人間関係を面白おかしく描いたコメディだ。ゲイリー・ポートノイが歌う主題歌は、"Where Everybody Knows Your Name(誰もが名前を知ってる場所)"という歌詞が効果的に使われているという。ちなみに、ケルシー・グラマー主演の『そりゃないぜ!? フレイジャー』は、この番組からのスピンオフ。

その他、ハワイの美しい風景のタイトルバックとともに流れる金管楽器の音色が印象的な『HAWAII FIVE−0』のテーマ曲や、これを聴くと『フレンズ』登場人物の顔が浮かんでしまう、「I'll Be There For You」、また、ラッパー、フレッシュ・プリンスとしてデビューしたウィル・スミスの役者への足掛かりとなったコメディ『The Fresh Prince of Bel-Air』のテーマ曲などが選ばれている。

テーマ曲トップ10にランクインした番組は以下のとおり。
(日本未公開の番組も含まれます)

1. 『Cheers』
2. 『The Mary Tyler Moore Show』
3. 『HAWAII FIVE−0』
4・ 『M*A*S*H』
5. 『フレンズ』
6. 『ビバリー・ヒルビリーズ/じゃじゃ馬億万長者』
7. 『ルート66』
8. 『The Jeffersons』
9. 『セサミストリート』
10. 『The Fresh Prince of Bel-Air』
(海外ドラマNAVI)



■関連記事
【動画】「100秒でザックリわかる『HAWAII FIVE−0』」で、シリーズ3スタートに向けて総復習を!
「マックスは日本にいたらAKB48オタクになりそう」『HAWAII FIVE−0』マシ・オカに突撃インタビュー!
ウィル・スミスと犬猿の仲の元共演者が和解を申し入れ!?