スーパーマン最新映画の前売り特典が激レアすぎ!ワーナー担当者半年がけの交渉で実現

写真拡大

全世界でその名を知らぬ者はいないスーパーマン。しかし、地球上でクラーク・ケントを名乗る彼が、いかにしてこの究極のヒーローとなったか未だかつて語られたことはない。

ひとりの心弱い青年が、いかにして最強のスーパーヒーローになったのか?
これまで謎に満ちていた史上最高のヒーロー誕生の瞬間が8月30日(金)公開の映画『マン・オブ・スティール』で遂に明らかにされる。

公開に先駆け、本作の劇場前売り券の発売がゴールデン・ウィーク初日4月27日(土)に決定した。

ファン待望の特典は、新たなスーツを身にまとう、超激カワなスーパーマンの2頭身マスコット人形が付いた『スーパーストラップ』。
誕生から75周年、スーパーマンの人形が劇場前売り特典となるのは史上初の試みになっている。

今まで幾度も、漫画、アニメ、TVドラマ、映画化され、部抜群の認知度を誇る世界で最も愛されるキュラクターのスーパーマン。当然ライセンス上でクリアするべき点が多くあり、日本向けにキャラクター化されるのは非常に珍しく、本企画は当初困難を極めた。

だが配給元のワーナー・ブラザース映画は、「史上最も愛されるキャラクターを、より多くの方に手に取っていただきたい。」という強い思いから、約半年間に渡る交渉と調整の上ようやく実を結んだ。

ワーナー・ブラザース映画宣伝部は今回の企画について、「約半年前から企画が持ち上がりました。当然その頃にはスーパーマンの全体像を掴めませんので、まさに手さぐり状態のスタートでした。こだわったポイントとしては、トレードマークの赤パンを排除した新コスチュームと、ブルーの目をした正統派のイケメン顔。日本の女性に手に取っていただける可愛らしさを追求し、デザイン案は数十種類にも及びました。こだわりを詰め込んだ特典ですので、ぜひご期待ください!!」とコメントを寄せている。ファン垂涎の激レアアイテムになりそうだ。

全世界が注目し、もちろん日本のファンも固唾を飲む本作公開までのカウントダウンがいよいよ始まる。

脚本・製作:クリストファー・ノーラン(『インセプション』『ダークナイト』シリーズ)
監督:ザック・スナイダー(『300<スリーハンドレッド>』)
出演:ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.manofsteel.jp

(C) 2012 Warner Bros. All Rights Reserved.